耳鳴り キーン 片耳 閉塞感

片耳のキーンという耳鳴りと閉塞感の原因

スポンサーリンク

基本的に耳鳴りは前兆がなく、ある日突然発症します。
また片耳だけ耳鳴りがする事も多く、そのことが何かの前兆と捉えられるケースも少なくありません。
一般的にキーンという高音が続く状態と閉塞感を感じる状態があり、場合によっては原因が分かれる事もありますのでその原因を把握する事が重要だと言えます。
不快な音がする場合は、耳が本来持っている機能が低下してる場合がほとんどになります。
拾う必要のない音を拾う事によりキーンという高音が聞こえるようになっています。
この場合は医師に相談し、補聴器などで改善する事が一般的な治療方法になります。
補聴器は音を拾いやすくなる機器なのですが、なんでもかんでも拾うわけではなく生活に必要な音だけを拾いやすくする事も可能になります。
また調節次第で様々な音に対応できるので、まずは医師に相談する事が重要になります。

スポンサーリンク

次に閉塞感を感じる場合は、実際に何かが詰まっている可能性があります。
耳掃除などで取れる場合もありますが、下手にいじくると奥に入ってしまう可能性がありますのでこちらも耳鼻咽喉科で医師の診察を受けることが重要なポイントになります。
また、耳掃除のしすぎが原因になる場合もあります。
特に綿棒で毎日掃除している場合は、耳垢が奥へ押し込まれてしまう事があります。
音が聞こえにくく閉塞感を感じる時は、耳の奥で穴が塞がりつつある状態と言えます。
そのまま放っておくと完全に塞がってしまう可能性があります。
そうなると自分で取り除く事は極めて難しく、病院で手術が必要になります。
基本的に人体は何かしらの不具合が生じた際に、対応できる能力を持っています。
しかしそれは一時しのぎと言えますので、片耳に耳鳴りや閉塞感を感じる場合は医師の診察を受けることが重要になります。

スポンサーリンク