耳鳴り 音 ガサガサ 原因

ガサガサという音の耳鳴りの原因と治療

スポンサーリンク

突然「ガサガサ」という音の耳鳴りが聞こえたら不快だけでなく、耳の中に何かが入っているようで恐ろしく感じてしまいますし、原因を知りたくなります。
「ガサガサ」という音が聞こえる耳鳴りの多くは、異物が耳の入り口から鼓膜までの外耳道に入っている場合が多いといわれています。
異物の中で最も多いものは耳垢です。
耳垢は外耳道の中の剥離した皮膚や汗、外からのホコリなどを含んでいます。
この耳垢が外耳道を塞いでしまう症状を耳垢栓塞といいます。
この病気の症状は聞こえが悪くなったり耳が詰まった感じ(耳閉塞感)や、ガサガサ、カタカタといった何か動くような耳鳴りが聞こえます。
治療は耳垢を取り除くことが第一になります。
外耳道に炎症が起きている場合は耳垢を取り除いた後に消毒をし、抗生剤の軟膏を塗ります。
耳垢は基本的には奥に入り込まずに自然と外側に排出されるようになっています。
無理に耳掃除をすると奥に耳垢を押し込んでしまうケースもあります。
また綿棒でゴシゴシすることで耳の粘膜を傷つける可能性もあります。
耳垢は自然に排出されますが気になるようなら定期的に耳鼻科で取り除くようにします。

スポンサーリンク

ガサガサという音の耳鳴りが聞かれる原因として考えられることに鼓膜損傷による耳小骨の脱臼もあります。
鼓膜損傷は外からの力が耳に加わり鼓膜が破れた状態をいいます。
外からの力で最も多いのが耳掃除です。
乱暴な耳かきや綿棒を奥に入れすぎたことで鼓膜を破ることがあります。
他には野球のボールが当たったり、サッカーやラグビー、レスリングのように相手と激しくぶつかり合うスポーツで相手の体が耳に激しく当たった時も鼓膜損傷は起こります。
鼓膜に穴があいただけなら大丈夫ですが、中耳にある耳小骨が脱臼しているとカタカタという音の耳鳴りを感じます。
この場合は耳鼻科での治療が必要となります。
耳垢栓塞や耳小骨の脱臼以外に滲出性中耳炎でもこのような音を感じる場合があります。
これは滲出性中耳炎により耳に浸出液がたまり、その浸出液が動くことで感じるとされています。

スポンサーリンク