耳鳴り 音 ポコポコ

ポコポコとした音が発生する耳鳴りについて

スポンサーリンク

耳鳴りでは実際様々な音が発生します。
こういった音の感じ方には少なからず個人差がありますが、一般的には大きくタイプが分かれる傾向があるのです。
例えば、唾液を呑み込んだ時やあくびをした時に、ポコポコとした音がする耳鳴りは比較的ポピュラーな症状と言えます。
このような時には耳管が何らかの形で影響を受けていると考えられており、症状を見守ることが必要とされているのです。
こういったポコポコとした音がなる耳鳴りは、様々な要因で発症します。
気圧の変化によって耳への圧力が変化した時や中耳炎、筋肉のけいれんなどが例えば考えられます。
気圧の変化は耳管が狭くなっている時などに影響が出やすく、元からこの部分が狭い体質の方は日頃から気圧の変化の影響を受けやすいと言えるわけです。
また、内耳に水が溜まる滲出性中耳炎などを患っている場合にも時にポコポコという耳鳴りが生じてくることがあります。
原因が不明のこともあるため、対処は時に難しくなるのです。

スポンサーリンク

こういったポコポコという音以外にも、バリエーションは多々あります。
例えば、キ―ンといった響きが発生する耳鳴りは、比較的多いものです。
こういったタイプは、加齢や自律神経の乱れなどが原因となっていることが指摘されており、時に重篤な病気の可能性もあるため注意を要します。
また、高齢者の場合には難聴の一症状の可能性もあるのです。
メニエール病などの耳の病気では、より低い響きが聞こえるのが一般的です。
耳の詰まり感やこもった感じがこの場合には特徴的な症状で、めまいやふらつきが発生することでも知られています。
この手の耳の症状は、多くの場合内耳と呼ばれる部分に何らかのトラブルが発生していることが多いのです。
症状が慢性化すると、実際改善が難しくなることもあるため、気になる場合には早々に耳鼻科で相談する必要があります。
最近では様々な改善法が考案されるようになっており、これまでは治療が難しかったケースでも完治が望める状況なのです。

スポンサーリンク