耳鳴り 低音 高音 同時

耳鳴りで低音と高音が同時に聞こえる理由

スポンサーリンク

通常の耳鳴りの症状についてはキーンといった高音が聞こえるタイプやブーン、ボーという低音が聞こえるタイプがあります。
しかし中には高音と低音の両方が同時に聞こえてしまうケースがあり、原因については次の通りとなっています。
同時に聞こえてしまうという場合には、耳鳴りの症状が重症化しているケースが多いので注意が必要です。
上記でも触れましたが、通常耳鳴りは高音か低音が聞こえる症状が現れます。
しかしそういった症状が悪化することによって、普段では聞こえない音についても聞こえやすくなってしまいます。
そうなることで自分が聞きたくない音まで聞こえてしまうことがあり、それがストレス増加などの影響を与えてしまうことがあります。
なのでこれらの音が同時に聞こえるようになった時には、すぐに医療機関を受診することが大切です。

スポンサーリンク

低音と高音が同時に聞こえるようになってしまう原因にはまず疲労が挙げられますが、耳内部の異常により起こる場合もあります。
その場合、メニエール病や突発性難聴といった耳の病気が関係していることも多く、基本的に治療は耳鼻科で受ける必要があります。
これらの病気の原因はストレスが関係していますが、症状については自然に完治する可能性はあまりないです。
特に具体的な症状確認については、自分では出来ないので耳鼻科という医療機関で確認をしていきます。
また、症状のレベルによって治療方法が異なるため、その点に注意をしながら治療を進めていく必要があります。
一般的に薬の服用による治療が中心となりますが、低音と高音が同時に聞こえる時には手術を行うケースもあります。
そうなると拘束時間も長くなるため、職場には前もって手術を受ける旨を伝えておいた方がいいでしょう。

スポンサーリンク