片耳 耳鳴り 低音

片耳だけの低音の耳鳴りには要注意

スポンサーリンク

耳鳴りには高音のもの低音のもの、様々ありますし、耳に異常のない場合でも時々耳鳴りがすることはあると思います。
通常であれば耳鳴りがしたとしても一瞬だったり、数回だったりと短期間で消えてしまうと思います。
ですが、片耳だけの低音の耳鳴りが続く場合は突発性難聴の可能性が高いので要注意です。
ボーボー、またはボボボボというような低い音で、耳の奥で飛行機のエンジン音が鳴っている感じがしたり、耳がふさがっているような感じがします。
音自体は聞こえるのですが、普段よりもずっと聞こえにくかったり遠いような感じがします。
突発性難聴は、右または左の片耳どちらかだけに発症し、聞こえなくなった日時をハッキリ覚えているというのが大きな特徴です。
気付いたらいつの間にか低音が聞こえていた、ということはあまりなく、昨日入浴後にドライヤーをかけた後になったなどその時の状況を詳しく説明できることが多かったりします。

スポンサーリンク

突発性難聴は、20代ぐらいの若年層に多くどちらかというと女性に多い病気です。
新しい職場や留学、転勤など環境の変化があった時など大きなストレスを感じることが原因の一つと言われています。
最初は確実に症状に気づくはずですが、聞こえることは聞こえるわけで全く聞こえなくなっているわけではないですし、一時的なものかもしれないと様子を見る人も多いと思います。
ですが、数日様子を見たところで症状は改善しないですし、むしろ日を追うごとに悪化していくケースもあります。
一見、大した病気ではないような感じもしますが、発症してから1週間が経過すると通常の聴力の約半分程度まで下がり、2週間以上経つとほとんど聴力は無くなり回復することも無いと言われるほど実は恐ろしい病気なんです。
ただ、発症してから数日以内に耳鼻科を受診して適切な治療が出来れば聴力はすぐに元に戻ることがほとんどですので、とにかく早めに受診をし、治療を受けるように気をつけましょう。

スポンサーリンク