耳鳴り 止まらない 病気

止まらない耳鳴りの病気の可能性

スポンサーリンク

一般的に耳鳴りは一時的なものとされています。
キーンと言う高音が聞こえる事が多く、1〜2分程度で治まる場合がほとんどになります。
しかし、中には長時間続く耳鳴りがあります。
その場合は病気の可能性がありますので、早めに受診する事が重要だと言えます。
そもそも耳鳴り自体が病気の一種になります。
慢性的な止まらない耳鳴りで悩んでいる方は国内でおよそ600万人ほどいると言われており、単純計算で20人に1人が症状に悩まされています。
また現在の日本では病気と認知されておらず、家族や友人に相談したところで本気で心配してもらえる可能性は非常に低いと言えます。
なお日本人全体では10〜20パーセント程度の割合になりますが、65歳以上になると30パーセントの人に症状が見られるようになります。
この数字は決して低くはないので、珍しい病気とは言えません。

スポンサーリンク

耳鳴りが起こる原因としてはいくつか挙げられます。
まずはキーンと言う高音の場合は、加齢と共に耳の機能が低下し聞こえてくるものになります。
老人性難聴や突発性難聴によく見られる症状で、睡眠不足やストレスの増加などで一時的に聞こえる事もあります。
次にゴーと言う低音の場合は、メニエール病に多く見られる症状になります。
耳鳴りが止まらない事に加えて、めまいを伴う事も特徴になります。
またその他にも耳の閉塞感や難聴なども同時に現れる病気ですので、症状が現れたら一刻も早く受診する事が重要だと言えます。
基本的には薬物療法や心理療法など専門家の治療が必要になりますが、自分でできる対処法もあります。
肩こりや睡眠不足に注意したり、運動や入浴で血行を良くするなどの方法が挙げられます。
しかし自己判断は危険な一面もありますので、素直に病院を受診する事が大切です。

スポンサーリンク