耳鳴りの原因 10代

10代の耳鳴りの原因

スポンサーリンク

耳鳴りは一般的には加齢による耳の機能の低下が原因とされています。
なので年齢を重ねる事によって現れると認識されていますが、最近では10代でも耳鳴りに悩まされている方が増えてきています。
その10代の耳鳴りの原因として最初に挙げられるのが、ストレスになります。
例えばうつ病と言えば昔は社会に出て仕事を始めた大人がかかる病気とされていましたが、最近では小学生でも発症するケースも珍しくはありません。
また、中学生になると事態はより一層深刻になります。
思春期を迎える事もあり、うつ病や自律神経失調症にかかり不登校になる子供も少数とは言えなくなってきました。
このように最近では若い世代でもストレスによる弊害を受けています。
したがって自律神経のバランスが乱れる事も多々あり、それが原因で耳鳴りに悩まされるケースは増えてきています。

スポンサーリンク

そして、ストレス以外の耳鳴りの原因としては騒音性難聴が挙げられます。
近年では音楽をいつでもどこでも聴けるようになっています。
その場合にヘッドホンを使用する事が多く、ヘッドホン難聴と呼ばれることもあります。
ヘッドホンをかけたまま大音量で音楽を聴き続ける事で、音が聞こえにくくなると言う症状です。
この場合は耳鳴りを感じても一時的なもので、数時間程度で治まります。
しかし、繰り返し行うことで次第に本当の難聴になってしまいます。
音楽を聴く事はストレス発散にもなりますが、その際には注意が必要になります。
若い世代でも耳鳴りに悩まされているケースは年々増加しています。
耳鼻咽喉科を受診する事も重要で適切な判断になりますが、ストレスが原因の場合はそのストレスを根本的に排除することが重要なポイントになると言えます。

スポンサーリンク