耳鳴り 響く 対処法

低音の耳鳴りが響く時の対処法

スポンサーリンク

一般的に耳鳴りにはいくつかの種類があります。
キーンやピーと言う高音、ボーやゴーなどの低音の他にもセミの鳴き声のような耳鳴りがする事もあります。
そして、その中でも低音が響くと言う症状があります。
この症状は低音の聴力が低下する難聴の可能性があります。
難聴と言っても高音は問題なく聞こえるので、音が聞こえないと言う事はありません。
またその場合は、響く他にも閉塞感や水が入ったように感じるなどの症状も見られます。
この症状が出る理由としては過剰なストレスや体調不良、睡眠不足や慢性疲労などが挙げられ、急性低音障害型感音難聴と呼ばれます。
現在でも研究は進んでいますが明確な原因は解明されておらず、有効な対処法は見つかっていません。
しかし、内耳にある蝸牛と呼ばれる聴覚に関係する器官が原因とされる説が有力視されています。

スポンサーリンク

一般的に、自律神経がコントロールしているものに血管の伸縮があります。
したがって、ストレスなどが原因で自律神経のバランスが崩れると蝸牛の血管が急激に細くなります。
この蝸牛の血管が細くなることに影響を受けるのが低音を感じる神経です。
急激に血管が細くなったため低い音を感じる神経が上手く働かなくなり、その結果低音の聴力が低下してしまいます。
現在ではこれが急性低音障害型感音難聴のメカニズムとされています。
また、内耳の血管は元々細いためストレスなどの影響が顕著に現れる場所とされています。
対処法としてはストレスや慢性疲労が原因とされていることから、まずはストレスを溜めないことが重要だと言えます。
また十分な睡眠を取ったり適度な運動をする事もストレスの軽減に繋がるので、この症状が現れた時は有効な手段であると言えます。

スポンサーリンク