緊張型頭痛 耳鳴り 病気

緊張型頭痛と耳鳴りの裏には病気が隠れていることも

スポンサーリンク

緊張型頭痛や耳鳴りの症状を訴える人々は、近年増加傾向にあります。
緊張型頭痛の症状の特徴は、まるで孫悟空の輪のように頭が締め付けられるような痛みであり、肩こりや首こりを伴います。
これは偏頭痛のように次第に痛みが強くなるものとは異なり、常に重い痛みが続くのです。
緊張型頭痛と同時に耳鳴りが現れるのは珍しいことではありません。
このような症状は脳の血管の異常や脳の一部分がデリケートな状態になっていることが原因である場合が多く、意識や運動機能の異常が見られた場合には背後に重篤な病気が隠れている可能性が高いので、すぐに医療機関を受診することが大切です。
たかが頭痛、されど頭痛であり、放っておけば脳内で知らぬ間に病気が進行してしまっているケースもあるのです。
ですから、素人判断で市販の頭痛薬などを使用し、痛みをごまかしておくのは大変危険です。

スポンサーリンク

緊張型頭痛やそれに伴う耳鳴りの一般的な原因としては、脳の血流の滞りが挙げられます。
ですから、治療法は脳の血行を良くすることとなります。
西洋医学では、痛みに対して消炎鎮痛剤を中心とした薬を処方し、痛みに直接アプローチして行きます。
また、耳鳴りには利尿作用や鎮静作用のある薬剤で対応します。
これらの方法は、一つのアプローチで色々な効果や作用を期待出来ますが、同時に副作用が出る可能性も孕んでいます。
それに対して、近年注目されているのが東洋医学で用いられる漢方薬です。
これは作用は穏やかですが、その分副作用の心配がほとんどないため、幅広い年齢の患者さんに用いることが出来ます。
そもそも頭痛や耳鳴りという症状は生まれ持った体質によるものが多く、漢方薬はそのような根本にある体質改善を個人に合わせて行うことが出来るのです。

スポンサーリンク