耳鳴り キーン 治らない

キーンと言う耳鳴りが治らない原因

スポンサーリンク

耳鳴りは様々な音で表現されます。
キーンだったりゴロゴロだったりゴーンなどの音で表現される事が多く、いずれにしても気になって仕方がないものになります。
基本的には一時的なものが多く、時間の経過と共に症状は治まっていきます。
しかし、なかなか治らないケースも多々報告されています。
キーンと言う耳鳴りが治らない原因としては、突発性難聴が挙げられます。
この突発性難聴は、片耳に急に耳鳴りが生じてその後両耳に症状が出るようになります。
耳鳴りと共に音が聴こえなくなってしまう可能性があります。
その為早期に発見して治療する事が重要になります。
そして、高齢者の方に多く見られる老人性難聴もキーンと言う高音が特徴になります。
こちらも突発性難聴と同じ様に音が聴こえなくなってしまう可能性がありますので、早期の治療が必要になります。

スポンサーリンク

また、自律神経失調症が原因の場合もあります。
高音の耳鳴りが治らない原因の一つに自律神経の乱れが挙げられます。
自律神経が乱れると、耳の血管が細くなり血流が悪くなるので症状が現れるようになります。
一般的に自律神経はストレスが原因で乱れる場合が多く、他の症状としてうつ病やめまい、吐き気などが併発する事もあります。
過剰なストレスを溜めないようにする事が重要なポイントになりますが、症状が出ている最中に運動などを行う事はやや危険な一面もあります。
したがってカウンセリングを受けてストレスを軽減したり、場合によっては薬などで治療していくことも必要になります。
キーンと言う高音が聞こえ続ける事は不快な気持ちになりますし、余計にストレスを溜めてしまう原因にもなります。
また病気の可能性も十分にありますので、早めに受診する事が重要だと言えます。

スポンサーリンク