耳 圧迫感 耳鳴り

耳の圧迫感や耳鳴りはメニエール病が原因している

スポンサーリンク

急にめまいがして立っていられなくなった、めまいによってひどく吐き気がするといった症状を感じたことはありませんか。
めまいだけであれば、様々な病気が考えられますが、もし耳の閉塞感や圧迫感、耳鳴りや難聴といった症状がある時は、メニエール病の可能性が高いといえます。
このメニエール病は、耳の中の内リンパ液が過剰に生産された結果、様々な器官に腫れが生じて起こります。
主に音を伝える役割をする蝸牛、平衡感覚に関わっている半規管や耳石器といった器官に腫れが起こります。
なぜ内リンパ液が過剰に生産されるかについては、ストレスが関係していると指摘されています。
特にストレスを受けやすい若い世代、また、几帳面な人や神経質な人に起こりやすいとされています。
また、疲れている時や、天気が良くない日に発作が起こりやすいという特徴もあります。

スポンサーリンク

このメニエール病の場合は、特に前兆となる自覚症状はなく、まずめまいが起こります。
めまいが出た場合、さらに圧迫感や耳鳴りがある場合は、まず耳鼻咽喉科を受診するようにしましょう。
メニエール病の場合の耳鳴りは、低くてザーッとした音を聞き取りにくくなるのが特徴です。
もちろん難聴がある場合も、まずは病院に行きましょう。
一般にめまいの発作が起きるたびに、声や音は聴き取りにくくなって行きます。
メニエール病の治療は、主に薬物と生活指導が中心です。
特に規則正しい生活を送ることで、ストレスを感じにくくなり、快方に向かうことも多いのです。
また、適度にリラックスすることも必要です。
特に強いストレスが原因と思われる場合は、カウンセリングによる心理療法が行われることもあります。
また、よほどの重症であれば別ですが、通常は手術を行うことはありません。

スポンサーリンク