ライブ後 耳鳴り 治し方

気になるライブ後の耳鳴りの治し方

スポンサーリンク

ライブ後など、耳に負担がかかる大きな音が響いている環境から普段の生活のように比較的静かな音しか響かない環境へと変わると、しばらく耳鳴りが続いている事があります。
耳鳴りの原因としては耳の中の鼓膜に負担がかかり、その負担を和らげるために耳鳴りが続いている場合と、聴覚からの伝達信号によって神経細胞に負担がかかっている場合とがあると考えられています。
ライブ後などに起こりやすい、鼓膜に負担がかかってしまって起こる不快感の治し方としては、静かな環境で長時間体を休める事で不快感を取り去ることができます。
体調などによって長時間不快感が継続する場合もありますが、半日程度で収まるケースがほとんどです。
そのため有効的な治し方の一番の方法は、休養を取って鼓膜の負担を和らげる事で比較的短時間で治すことができます。
つばを飲んだり、あくびをしたりする事で鼓膜の緊張が和らぎ、耳鳴りが改善される場合もあります。

スポンサーリンク

ライブ後の耳の不快感は、例えていえば山登りなど、標高の高い場所へ行くと耳が詰まったような感覚を体感する場合がありますが、どちらも鼓膜に負担がかかって起こっている現象でもあるためそれぞれの不快感が似ていると言えます。
そのため唾液を飲み込んだり、あくびをしたりする事で耳の周囲の筋肉に発生している緊張状態を和らげて、不快感を改善する事ができるのです。
一方で、大きな騒音によって神経状態が活発になるなどの状況が発生してしまい、耳鳴りが起こっている場合も考えられます。
この場合は比較的症状が長く続いていたり、不定期的に不快感がぶり返して発生する場合もあります。
できるだけパソコン操作やクルマの運転など精密な作業などを避け、休養を心掛ける事で神経細胞の働きが和らぎ、状況が改善される場合があります。
しかし数日程度、長時間不快感が続く場合には鼓膜を痛めてしまっている可能性も考えられるため、耳鼻科に相談する事も大切です。

スポンサーリンク