耳鳴り 病院 何科

耳鳴りの時病院は何科に行くでしょうか。

スポンサーリンク

耳鳴りとはどういう症状を言うのでしょうか。
それは首位に何も音がしていない時に、音がしているように感じる事をさし、これは内耳にある音を感じる感覚細胞の障害によって起こります。
静かな部屋に入った時に「シーン」「キーン」という音が聞こえたり、急に気圧が変わった時など耳鳴りがした場合には、しばらく放置しておくと自然に治るので放っておいても大丈夫です。
体の中の音(心臓の音や呼吸音)が聞こえる場合もあります。
しかし、病気の始まりだったりストレスによって起こることもありまが、病院に行くとしたら何科に行ったらよいのでしょうか。
まずは、耳鼻科に行って診察を受けて、必要ならば検査・治療を受けましょう。
耳鳴りは、高血圧・糖尿病などの全身疾患によるものや、メニエール病・難聴(音が聞こえにくくなる)・腫瘍(きこえのしんけいにできている)場合があり、病院では耳鼻科だけではなく、他の科と連携して治療するひつようもでてきます。

スポンサーリンク

何科の診察が必要になるのかは耳鳴りの状態によります。
耳鼻科で診察治療を受けて治ってしまう場合と、治療を受けてもないらないまだ違和感があるという場合があります。
後者の場合には、主治医に相談したうえでの指示によりますが、内科や脳神経外科・心療内科・外科が考えられます。
ストレスによる自律神経失調症やうつ病で起こったり頭蓋骨のゆがみや顎関節のゆがみで起こる場合や、自律神経失調になると免疫力が低下して、細菌に感染して帯状疱疹になって起こる場合と様々な病気が隠れていることもあるからです。
大きな病院では専門的に見てくれる科や医師がいるばあいがあります。
原因がはっきりしている場合にはそれを取り除き、腫瘍などが分かった場合は手術を行います。
原因が分からない場合には耳鳴りに聞く薬はないため「治す」より「馴らす」方向の治療(薬物療法・精神安定剤・ビタミン剤・内耳の興奮を鎮める注射など)がおこなわるのでまずは主治医止まった先生に相談しましょう。

スポンサーリンク