耳鳴りが止まらない 両耳 原因

両耳の耳鳴りが止まらない原因と対処法

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、「両耳の耳鳴りが止まらない原因と対処法」についてお話をしていきたいと思います。
両耳から耳鳴りがして止まらない状態になると、かなりご本人にとっては、辛い状況だとお察しします。
しかも、長期に渡ると精神的にも参ってしまいます。
この場合、突発性難聴にかかっている可能性があります。
突発性難聴とは、何の前触れもなく、突然、耳が聞こえにくくなる疾患で、原因はまだ解明されていません。
耳は、外耳、中耳、内耳から構成され、音の振動は外耳、中耳を通して内耳まで送られ、蝸牛神経を介して大脳まで送られた後、音として認識されます。
突発性難聴は、このうち、内耳の蝸牛神経が障害を受け、音を感知出来なくなる疾患なのです。
この障害は、内耳の前庭・三半規管にも及ぶ事があり、そうなると平衡感覚を失って、めまいも伴ってしまいます。
突発性難聴になる主な原因は、耳の循環障害やウィルスへの感染ではないかと考えられています。
症状は、通常、片耳に難聴が起こりますが、両耳に発生することもあります。
そして、耳鳴りやめまいが一緒に起こったり、めまいと同時に嘔吐や吐き気を伴うこともあります。

スポンサーリンク

難聴が発生したら、なるべく早めに治療を開始する必要があります。
発生してから2週間以内には、治療を開始しないと、耳鳴り、めまいなどの症状が慢性化してしまう恐れもあります。
主な治療は、ビタミン薬、副腎皮質ステロイド薬、循環改善薬を用いて行われます。
ストレスや過労、睡眠不足が原因で片耳に耳鳴りが始まり、その後、両耳で耳鳴りがしたり、めまいを伴うなど、突発性難聴に発展する場合もあります。
また、内耳が内リンパ水腫になり、メニエール病を起こして、めまい、耳鳴り、耳閉感、難聴等の症状が起こることもあります。
これらの症状に対処していくには、過労や寝不足を避け、普段から規則正しい生活を心掛けて行くことが大切です。
塩分を摂り過ぎるとメニエール病を誘発することもありますので、塩分の摂取量には気をつけるようにしましょう。
また、几帳面な性格ですと、仕事を全て完璧にこなさなければならないと思い込み、ストレスが余分に溜まってしまいますので、フレキシブルな思考に変え、周囲の人にも仕事を分担するなど、工夫していきましょう。
適度な運動もストレス解消に繋がりますので、ぜひ取り入れてみてくださいね。
どうぞお大事になさってください!

スポンサーリンク