耳鳴り 低音 原因 対処法

低音の耳鳴りがする原因と対処法

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、「低音の耳鳴りがする原因と対処法」についてお話をしていきたいと思います。
耳鳴りには、本人にしか聞こえない自覚的耳鳴りと他人にも聞こえる他覚的耳鳴りがありますが、大体の場合は、自覚的耳鳴りの症状が見られます。
ブーン、ボーなど低い音がなる場合の耳鳴りは低音性耳鳴りと呼ばれています。
この耳鳴りですが、多くの場合、内耳に異常が起こって生じます。
耳は、外耳、中耳、内耳の3つから構成され、音の振動は外耳、中耳を通って内耳に送られ、蝸牛神経を通って大脳に送られて音として認識されます。
耳鳴りはこのうち、内耳に何らかの理由で異常が発生するために起こるとされています。
また、難聴やめまいも併発する事例が多く見られます。

スポンサーリンク

この耳鳴りの原因ですが、神経、脳の病気、耳の病気、過剰なストレス等が挙げられます。
中でも耳の病気による耳鳴りは多く、メニエール病や突発性難聴が典型的です。
耳に問題がなくても、糖尿病や高血圧症などの疾患や身体的、精神的ストレスなどが原因で耳鳴りが起こることもあります。
日頃から仕事が忙しく寝不足や精神的ストレスが続くと自立神経が乱れて、このような症状が起こるのです。
また、騒音がする工場での勤務やタバコ、カフェインの過剰摂取も要因とされています。
ですので、日頃から健全な食生活を心がけ、疲れを溜めないようにし、ストレス解消に努めることが大事です。
また、発症から2週間以内には早期治療をしないと症状が慢性化して、治療が難しくなります。
ですので耳鳴りの症状が続くようでしたら、なるべく早めに耳鼻咽喉科を受診し、適切な治療を受けるようにしましょう。
どうぞお大事になさってくださいね!

スポンサーリンク