耳鳴り 音がこもる 原因 対処法

耳鳴りがして音がこもる原因と対処法

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、「耳鳴りがして音がこもる原因と対処法」についてお話をしていきたいと思います。
耳鳴りがして、音が聞こえづらかったり、音がこもる、耳の奥が詰まった感じがするなどの症状が現れることがあります。
この場合、低音難聴になっている可能性があります。
低音難聴は、20代から40代の女性に多く見られ、低い音が聞こえにくい、低い音の耳鳴りがする、耳が詰まった感じがするなどの症状が現れます。
この場合、内耳に障害が起きている可能性があります。
内耳は、耳の穴に伝わった音を周波数ごとに感知し、脳に送る働きをしています。

スポンサーリンク

この周波数を感知する部分が損傷を受けると脳に伝達することが出来ないので、音が小さく聞こえたり、言葉が聞き取りにくくなります。
この低音難聴は、早めに耳鼻咽喉科を受診し、治療を行うことで約8割以上の方が治ります。
早期治療を行えば、聴力を回復させ、耳詰まりや耳鳴りの症状も改善させる事が出来ます。
難聴の度合いにもよりますが、発症して早い段階で治療を行えば、大体1週間くらいで聴力も戻ります。
そしてストレスや過労が主な原因とされています。
ですので、日頃から、睡眠時間を十分に取り、バランスの良い食生活を心がけ、ウォーキングやジョギング、ストレッチ体操など適度な運動をすることが大切です。
また、何でも1人で抱え込まず、問題や悩みがあったら、周囲の親しい人や家族に相談し、一緒に解決していくようにしましょう。
どうぞお大事になさってくださいね!

スポンサーリンク