音響外傷 生活上の注意

音響外傷になったら生活上の注意は?

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、「音響外傷になったら生活上の注意は?」というテーマでお話をしていきたいと思います。
皆さんは、今、音響外傷とは何かご存知ですか?
音楽好きでライブやロックのコンサートを聞きによく行く方ですと、経験したことがあるかもしれません。
人は、ある程度の音量までは音として処理することが出来るのですが、大音量を耳元で聞くと、内耳に損傷を受けて聴覚障害を起こすのです。
このような状態を音響外傷と呼びます。
大音量で音楽などを聞いた後に、耳痛や耳閉塞感が現れ、その後、耳鳴り、難聴等が起こります。
音源の方向によって、片側の耳だけ難聴になることがあります。
日常、大きな音響を聞いているのでなければ、回復が見込めますが、早めの治療が大事になります。
この大音響によって傷つくのは内耳の有毛細胞です。
この有毛細胞は音を感知する役割を果たしているのですが、この細胞が死んでしまうと聞こえなくなります。
この状態が、音響性外傷によって引き起こされた難聴です。

スポンサーリンク

回復できる人は、有毛細胞の損傷がまだ軽く、持ち直している状態ですが、治ったからといってまた軽い気持ちでライブに出かけると、本当に有毛細胞が死んでしまう事もあり得ます。
また、精神的ストレスを多く抱えている時や肉体的過労の状態の時、睡眠不足の時などに100dB(デシベル)以上の音楽を長時間聞くと発生します。
治療には、ステロイド、血管拡張剤、血流改善剤、ビタミン剤などが用いられ、治癒力を高めますが、重症の場合は、入院して、高圧酸素療法、点滴等が行われます。
ですが、例え治癒しても、次回、ライブに行く機会があるのでしたら、以下の点に気をつけて下さい。
・精神的、肉体的に疲労がしている時には、なるべくライブには行かないようにする。
・スピーカーの近くの席には座らないようにする。
・ライブには念のため、耳栓を持って行って、危険を感じたら、すぐに付けるようにする。
・普段から、十分な睡眠時間を取り、適度な運動もして、健康でいられるようにする。
・音響外傷で耳鳴りが残ってしまう場合は、気にしないようにする。
・どうしても気になる場合は、川のせせらぎや海の音などの環境音をスピーカーで部屋に流すようにする。
など、工夫をして、生活上の注意をすることが大事です。
大体は、1週間から3週間くらいで治りますが、ダメージが大きい場合は、回復するまでに時間がかかります。
いずれの場合も、そのままにしておくと、聴力を失ってしまう危険もありますので、早めに耳鼻咽喉科にて適切な治療を受けるようにしましょう。
どうぞお大事になさってくださいね!

スポンサーリンク