高音難聴 中耳炎

高音難聴と中耳炎の関係

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、「高音難聴と中耳炎の関係」についてお話をしていきたいと思います。
皆さんは今、中耳炎になっているのでしょうか?
中耳炎は子供がかかりやすい疾患です。
鼻の奥と中耳とは耳管でつながっているので、風邪を引いて鼻水などと一緒に菌が鼻の奥に入ってくると、中耳まで侵入しようとするのです。
子供の耳管は、大人のと比べると短く、太く、傾斜がほとんど水平なため、中耳にすぐ膿が溜まってしまいます。
だから子供は中耳炎になりやすいのですね。

スポンサーリンク

この症状は、急性中耳炎と呼ばれていますが、大人でもかかることがあります。
主な原因は、風邪、飲酒、飛行機に乗った、体調が悪い等、様々です。
中耳炎になると、中耳に溜まった膿が鼓膜を圧迫するため、激しい痛みを覚えますが、その他にも発熱、難聴、耳耳閉感、耳鳴り、耳だれ等の症状が現れます。
必要に応じて、鼓膜切開が行われますが、鼓膜は再生能力があるので、大半の場合、閉じられます。
ただ、鼓膜切開した後は、耳の聞こえの悪さが数週間残り、完治するまで時間を要します。
ここで、通院を辞めて、治療を中途半端にしてしまうと、滲出性中耳炎に発展してしまい、難聴が酷くなる場合があります。
また、症状によっては、内耳炎を伴って混合性難聴になることもあり、この場合、難聴が長引いてしまいます。
ですので、病院にはきちんと通い、治療を続けるようにしましょう。
どうぞお大事になさってくださいね!

スポンサーリンク