風邪のあと 拍動性耳鳴り

風邪のあとに拍動性耳鳴りがする原因

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、「風邪のあとに拍動性耳鳴りがする原因」というテーマでお話をしていきたいと思います。
皆さんは、風邪を引いて、治った後にもドクドクと心臓の音がなるような耳鳴りがしたことがありますか?
恐らく、今、そのような拍動性耳鳴りに悩まされているから、このページを訪れて下さったのだと思います。
耳鳴りは、本人にしか、聞こえないので、辛い症状です。
ですので、出来たら、原因を早く突き止めて、治したいものですよね。

スポンサーリンク

この風邪のあとに、拍動性耳鳴りがする原因の一つには、急性中耳炎が考えられます。
鼻と中耳は、耳管という管でつながっており、風邪を引いて、鼻水等が多くなり、鼻の奥から菌が入ってくると中耳に膿が溜まり、中耳炎になるのです。
この中耳に溜まった膿は、鼓膜を圧迫するため、激しい痛みを感じますし、人によっては、耳耳閉感、難聴、耳鳴り、耳だれなどの症状が現れます。
ご自分で中耳炎の症状が分かって、耳鼻咽喉科にて診察を受け、治療に通えば、中耳炎は治るのですが、人によっては、中耳炎の症状が軽いため、放置してしまう場合があります。
また、急性中耳炎は自然治癒出来るという考えがあるため、そのままにしてしまう場合もあります。
ですが、このように風邪のあとにも、拍動性耳鳴りが止まらないのでしたら、中耳炎にかかって、治っていない可能性があります。
ですので、一度、耳鼻咽喉科にて診察してもらい、適切な治療を受けるようにしましょう。
どうぞお大事になさってくださいね。

スポンサーリンク