右耳が聞こえにくい

右耳が聞こえにくいのはどうしてですか?

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、右耳が聞こえにくいのはどうしてですか?というテーマでお話ししていきたいと思います。
音や話し声が前よりも聞こえにくいということがあったら、難聴になっているのかもしれません。
その場合、高い音や低い音が前よりも聞きづらくなっています。
この難聴を引き起こす原因は中耳炎や内耳障害によるものが大半ですが、どうしてそのような疾患にかかってしまうのでしょうか?
今回は、原因を一緒に探って行きましょう。
1.耳垢がたまっている、あるいは水や異物が耳に入った。
耳垢が溜まると外耳道が塞がれてしまいますが、そうすると耳が詰まった感じになり、聞こえにくくなります。
また、プールに入ったり、海水浴をしていて耳に水が入るとやはり耳が聞こえにくくなります。
この場合は、原因を取り除けばすぐに解決されます。
2.耳の近くで大きな音を聞く
コンサートやヘッドフォンで大音量の音楽を聞くと、その後、難聴が生じて、耳が詰まった感じになったり、聞こえにくくなります。
或いは、絶え間なく騒音に囲まれていると同じように難聴の症状に見舞われます。

スポンサーリンク

この症状は、内耳にある感覚細胞が大きな音や衝撃によって損傷を受けるために起こるのです。
ですが、早めに治療を受ければ大事に至らないで済む場合があります。
3.耳の鼓膜が損傷
耳を強く打たれたり、何かにぶつけたり、耳かきで突いたりすると、直後に聞こえが悪くなる場合があります。
この場合は、鼓膜を損傷していますので、耳鼻咽喉科にて診てもらう必要があります。
4.気圧の変化によるもの
耳の気圧は、外の気圧と同じ状態に保たれています。
ところが、飛行機の離陸時や着陸時、またエレベーターの下降時には、外の気圧が急激に変化するのですが、身体はこの変化についていけず、身体の内外に気圧の差が生じるのです。
この気圧の差によって鼓膜が内側に押され、キーンという高い耳鳴りや痛み、また少しの間、耳が聞こえなくなることがあります。
以上のように、右耳が聞こえにくい原因は色々ありますので、何が要因となっているか、検討され、それに応じた対処や治療をしていくことが大事です。
どうぞお大事になさってくださいね。

スポンサーリンク