右耳 耳鳴り 病気 サイン

右耳の耳鳴りは何かの病気のサインですか?

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、右耳の耳鳴りは何かの病気のサインですか?というテーマでお話ししていきたいと思います。

 

耳鳴りがする、しかも右耳だけという場合、一体何が起きたんだろうとか、何かの病気のサインなのではないかと心配になりますよね。
私も耳鳴りになったことがあります。
そして、耳鼻科で調べてもらった結果、突発性難聴でした。
この突発性難聴について、お伝えしていきたいと思います。
突発性難聴の症状
ある日突然、耳がこもった感じや耳鳴りがしたり、めまいや吐き気を伴います。
一般的に、40代から50代の方を中心に、子供や高齢者の方も発症します。

スポンサーリンク

突発性難聴の原因
突発性難聴の原因は、はっきりとは分かっていません。
ただ、現代社会で患者数が増えている事や生活習慣の調査結果からすると、不規則でストレスが多い生活がこの疾患を引き起こしていると考えられています。
厚生省の調べによると、1993年には100万人につき、192人にこの症状が見られましたが、2011年には、その1.5倍の275人が発症しています。
そのため、スピードが常に求められ、ストレスが溜まる現代社会と睡眠不足や偏った食事、心的ストレスが重なって発症しているとされています。

 

突発性難聴の治療法
治療は耳鼻咽喉科ですることができます。
ステロイド薬やビタミン剤、循環改善薬、代謝賦活薬などを用い、治療していきます。
治療が効果的に行われるには、早期発見が何よりも大事になってきます。
発症から10日経過すると、聴力がなかなか回復しなくなるからです。
ですので、上に挙げたような症状が現れたら、早急に耳鼻咽喉科にて診察を受けるようにしましょう。
どうぞお大事になさってくださいね。

スポンサーリンク