低音の耳鳴りが止まらない 原因 対処法

低音の耳鳴りが止まらない原因や対処法

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、低音の耳鳴りが止まらない原因や対処法というテーマでお話ししていきたいと思います。
高音のキーンという音に比べれば、まだ、低音の耳鳴りの方が、ましかもしれませんが、それでも止まらないのは辛いものです。
この低音の耳鳴りはどうして起こるのでしょうか?
これは、耳管狭窄症(じかんきょうさくしょう)という疾患になっている可能性があります。
どんな病気か、簡単に説明しましょう。
普段、中耳腔と鼻の奥にある上咽頭とは、耳管で繋がっています。
この管は、通常ふさがっているのですが、飲み物を飲み込んだ時やあくびをした時に開き、外界と圧が平衡な状態になります。
ですが、この調節がうまくいかないと耳管が開かなかったり、狭くなって換気が出来なくなります。
このような状態を耳管狭窄症というのですが、症状としては、耳に痛みを感じたり、耳鳴りがする、自分の声が大きく聞こえる、めまい等が現れます。

スポンサーリンク

この耳管狭窄症(じかんきょうさくしょう)はどうして起きてしまうのでしょうか?
主な原因としては、風邪に伴う副鼻腔炎や上気道炎、上咽頭炎・アデノイド(咽頭扁桃肥大)、上咽頭がんなどが要因となり、耳管内側にある粘膜が腫れて狭くなったり、耳管を塞ぐ炎症を起こすために、起きてしまうのです。

 

また、軟骨異常や耳管入り口の炎症、鼻の炎症、加齢による機能障害などが要因になっている場合もあります。

 

それでは、どのように耳管狭窄症に予防や対処していくことが出来るのでしょうか?
耳管狭窄症にならないためには、風邪を引いたら、こじらせて鼻炎や副鼻腔炎にならないように気をつけることが大事です。
それと、ストレスやつかれを溜めると、体の免疫力が落ちて、粘膜の炎症を起こしやすくなるので、日頃からストレス解消法を自分で見つけておくといいでしょう。
実際に、耳管狭窄症になってしまったら、そのままにせず、なるべく早めに耳鼻科にて、治療を受けてください。
そのままに放っておくと、悪化してしまい、癒着性中耳炎や浸出性中耳炎にかかる可能性もあります。
どうぞくれぐれもお大事になさってくださいね。

スポンサーリンク