メニエール 耳鳴り 高音

メニエール病が疑われる耳鳴り、高音域の障害

スポンサーリンク

耳鳴りがやまない、周りの音が聞き取りにくいという症状が何度も続くという場合、もしかするとメニエール病という病気の可能性があります。
メニエール病はストレスや体調不良が原因で引き起こされるもので、低音障害型難聴が悪化することによって発症していきます。
低音障害型難聴とはその名の通り、低音域の音が聞き取りにくくなる難聴で、ストレスや寝不足が続くと軽快と再発を何度も繰り返して行きます。
もちろん、人によってその再発のスパンや症状の程度は異なってくるのですが、どんどんと症状が悪化することで難聴症状が戻りにくくなり、その範囲が高音域にまで達していきます。
この症状がつまりメニエール病と診断されるのです。
この病気は比率でいうと男性よりも女性に多いものと言われています。
そしてよりストレスの溜め込みやすい真面目な性格の人が発症のリスクも高まります。
こうした症状に悩まされる前に、適度なストレス発散、生活習慣の改善等が大切になってくるのです。

スポンサーリンク

とはいえ、一度メニエール病を発症してしまっては素人ではどう対処していくこともできません。
そもそも、この病気は完治が難しいもので、実際に重度のケースであれば治療にかなり長い期間が必要になります。
ただ、だからと言って、すべてのケースで症状が悪化していくばかりというわけではりあません。
症状が出た際には医師の処方薬によってその耳鳴りや、難聴の症状をコントロールしていくことはできます。
メニエール病で厄介なのは耳鳴りや難聴などに加えて強い回転性のめまいがあるという点です。
このめまい、前兆なくいきなり訪れることもあるので、車の運転や仕事中の対処に非常に厄介になってきます。
もちろん、この症状も前に述べた症状と同様に薬で押さえていくことができます。
この病気は担当の医師の正確な診断が必須となるので、気になる症状があるという場合にはできるだけ早い段階で耳鼻咽喉科への受診をお勧めします。
より詳しい検査や問診等を経て、正確な診断、治療を行っていく必要があるのです。

スポンサーリンク