中耳炎 後遺症 耳鳴り

難聴や耳鳴りなどの中耳炎の後遺症を残さない為の治療法と予防法

スポンサーリンク

中耳炎とは中耳に細菌が入り、炎症が引き起こされる耳の病気です。
子供が発症することが多く、その理由は耳管が短く角度がなくて真っ直ぐな為、細菌が入り込みやすいのです。
風邪の際に鼻や喉に細菌が入り込むと、同時に中耳炎も起こり易いとされています。
症状として耳の痛みや耳鳴り、時に発熱も見られます。
稀ではありますが、重い合併症が発症する場合もあります。
内耳にまで感染が進んでしてしまう内耳炎や、髄膜に炎症が生じる髄膜炎などが代表的な合併症です。
また再発を繰り返し続けると、鼓膜に穴が開いてしまう鼓膜穿孔という非常に重い症状が発症することもあります。
鼓膜穿孔になってしまうと聴力が極端に落ちてしまいます。
小さい子供の場合、中耳炎になっても自覚症状がなく、自発的に耳の異変を訴えることはほとんどと言って良いほどありません。
返事がない、言葉数が少ない、いつもテレビの音量が大き過ぎるなどの変化を親が読み取ることで、早期発見に繋がります。

スポンサーリンク

中耳炎の後遺症として、耳鳴り、難聴、耳だれが代表的な症状です。
適切な治療を行うことでほとんど後遺症は残ることはありませんが、炎症が重症化した場合や慢性化した場合に後遺症が残ることがあります。
適切な治療方として、始めの一週間は痛み止めや抗生剤で様子を見ます。
痛み止めを飲んでも痛みが引かない場合は救急病院へ行ってください。
抗生剤は腫れが非常に強い時にのみ服用しましょう。
鼻水が多いと感じたら、こまめに噛みましょう。
菌をこれ以上増加させない為に、こまめに噛んで排出し鼻の通りを良くすることで完治も早まります。
最後に中耳炎の予防として、風邪を引いた時や鼻水が多い時に耳に異変がないか、注意を置くことが重要です。
鼻水が多い場合はこまめに噛んで排出しましょう。
小さい子供の場合は親がしっかり吸い出してあげて下さい。
自宅で吸い出すのに限界がある場合は、すぐに耳鼻科を受診しましょう。
鼻通りを常日頃より良くしておくことが、最大の予防となります。

スポンサーリンク