親知らず 耳鳴り 治った

親知らずが原因の耳鳴りが治った例は

スポンサーリンク

親知らずを抜いた場合、もしくは生えてきたと同時に耳鳴りが起こる場合があります。
それと共に抜いた際にその耳鳴りが治ったということもあります。
このような親知らずと耳鳴りには関係があると思われますが、その関係はどのようなものなのでしょうか。
これに関しては「自律神経失調症」状態になっていることが多く、親知らずを抜いた際の痛みやそのものの痛み、不快感が原因となって耳鳴りが起こっていると言う場合が多いです。
それに加えて、自律神経失調症の症状としては頭痛や、悪化した場合にはうつ症状が出ると言われています。
このように自律神経失調症にまでなってしまうと日常生活にも影響が出てしまうので、気になる場合は医師に相談するようにしましょう。
この場合は耳鼻咽喉科もしくは治療を行った歯医者に相談するのが良いでしょう。
耳鳴りに関しても、日常生活に支障がない程度のものであっても悪化すると突発性難聴になりかねないので様子を見て病院へ行きましょう。

スポンサーリンク

頭痛など精神的なことが原因である者だけでなく、親知らずは抜いた後は歯があった空間が空洞状になってしまうため、抜いた後は化膿しやすくなっており、注意が必要になります。
化膿してしまった場合、歯が原因で病気になってしまうことが多いようにこの部分の化膿が原因となって最悪の場合死に至ってしまう場合もあります。
そのケースとして、化膿が全体に広がってしまい、口を開けるのが難しくなったり、それがさらに進むと発熱してしまったりという場合があり、この場合はすぐに病院へ行きましょう。
このようなリスクもあるために親知らずを抜かないと言う選択肢もありますが、これに関してもデメリットが存在し、抜く場合と抜かない場合に関しては一長一短なのでどちらを選ぶかはその人次第となります。
抜かない場合には歯が無駄に多く生えてくるため、神経を圧迫する可能性がある、そして磨きにくい場所にあるために虫歯になりやすいというデメリットがあります。

スポンサーリンク