音響外傷 耳鳴り 治った

耳鳴りが治った場合にも音響外傷は注意が必要です

スポンサーリンク

ヘッドフォンやコンサート会場での大音量での音楽は、耳の機能に大きな影響を与えることがあります。
このような状況に置かれると、耳鳴りや聴こえにくさなどが生じてくることが多く、治るまで一定の時間がかかるのです。
場合によっては長期間症状が続くことがあり、自然な改善が難しいケースもあります。
こういった症状は、音響外傷と呼ばれており、様々な音楽プレーヤーが増えている現在では非常に増えている病気なのです。
音響外傷は通常は自然に回復しますが、治ったと感じた場合にも実は注意が必要です。
音響外傷では耳の有毛細胞が少なからずダメージを受けます。
一度ダメージを受けた細胞はダメージが極軽度の場合を除いて再生しないため、その後連続して同じような刺激を受けると徐々にダメージが進行していくと考えられるのです。
そのため、徐々に音響外傷からの回復が難しくなっていきます。
ですので、一度でも症状が見られたら以後は気をつけなければならないのです。

スポンサーリンク

万が一、音響外傷の症状が現れた場合には、耳鼻咽喉科での治療が必要になります。
治療では傷ついた内耳の改善を目指す方法がとられ、主に血管拡張剤などが使用されることが多いです。
従って、通常の耳鳴りや難聴の治療と似たアプローチをとることになります。
症状の程度によっては、入院での治療が必要になることもあるのです。
こういったトラブルを避けるためには、適度な音量で音楽を聴くことを習慣にする必要があります。
ヘッドフォンなどを使用する場合には、徐々に音量を上げてしまうことが多く、気づいた時にはかなりの大音量が発生していることもあるわけです。
特に人混みなどで使用する場合には、知らず知らずのうちに音が大きくなっていることが多いと言えます。
ですので、音楽を聴く際にはやや小さめと思われる程度の音量に設定することが、耳のトラブルを防ぐための一つの対処法になるのです。
耳への密着度が高いヘッドフォンやイヤホンを使用する場合には特に注意が必要となります。

スポンサーリンク