音響外傷 耳鳴り 治らない

音響外傷での耳鳴りが治らない場合について

スポンサーリンク

機密性の高いコンサート会場でのライブコンサートの際には、耳への刺激に気を配る必要があります。
こういった場で発生する音響外傷は実際多く、耳鳴りや難聴の症状が治らないといったケースも多いのです。
音響外傷によってダメージを受けた耳の細胞は、その後も回復が難しいとされており、長期的な薬治療が必要になることがあります。
難聴の症状が残ると日常生活にもかなりの支障をきたすことがあるため、注意が必要です。
症状が治らない場合には、耳鼻咽喉科などで治療を行うことになります。
聴力検査などを行うことで、実際にどの程度聴覚に損傷を受けているかが把握出来るわけです。
細胞のダメージは目視で把握出来ないことも多く、半ば手探り状態で耳鳴りや難聴の症状にアプローチしていくことになります。
内耳に腫れが生じている場合には、ステロイド剤や血管拡張剤などを使用して、症状を改善していくのです。
こういった音響外傷は、現在若い方の間で増加しています。

スポンサーリンク

音響外傷は、特定の肉体的な条件が揃うとさらに発症しやすくなります。
例えば、過労状態やアルコールの摂取、ストレスなどがあると通常よりも症状が現れやすくなると言われているのです。
コンサート会場ではついパフォーマンスに夢中になってしまう方が増えますが、耳の機能を守る上では節度ある行動をとることが大切な注意点となるのです。
大音量を浴びた後に耳鳴りや難聴が発生した場合には、早目に耳鼻咽喉科で治療を開始することが必要です。
一説には早く治療を開始することで、予後も良好になると言われています。
一旦症状が慢性化してしまうと、完治までかなりの時間がかかることもあるため、早目の対処が物を言うのです。
治ったと感じた場合にも同じ刺激を受けると症状が悪化することが多いとされており、自己判断での油断は禁物となります。
完全な治癒が難しいことがある音響外傷は、症状が現れる前に予防策を講じることが実の所ベストな方法なのです。

スポンサーリンク