緊張型頭痛と耳鳴り

緊張型頭痛と耳鳴りについて

スポンサーリンク

緊張型頭痛と耳鳴りは昨今特に増えている症状です。
緊張型頭痛は、頭を締め付けられるような独特の痛みが発生するのが特徴で、肩凝りや首の凝りなどを合わせて感じることがあります。
偏頭痛のように拍動によって痛みが強くなることは無く、持続的に重い痛みが現れてくるのが特徴です。
耳鳴りも最近は年齢を問わず生じる症状となっています。
多くの場合耳鳴りの原因は不明で、様々な対症療法で改善を目指すアプローチが取られています。
時に頭痛と耳鳴りは同時に現れてくることがあります。
このような場合には、背後に脳の病気が隠れていることもあるため、注意が必要です。
特に普段から偏頭痛がある方は、脳の一部がかなりデリケートになっていることがあり、耳鳴りの症状を併発することも珍しくないのです。
また、脳の血管に異常がある場合にも、頭痛と耳鳴りは同時に現れてくることがあります。
意識や運動機能に何らかの異常が見られたら、こういった重篤な病気の可能性もあるため、医療機関の受診が必要です。

スポンサーリンク

このような緊張型頭痛と耳鳴りの改善には、現在漢方薬も広く用いられています。
緊張型頭痛の場合には血流が滞っている可能性があるため、血行を良くする薬剤などが使用されます。
痛みを抑えたり炎症を鎮める作用を持つ薬剤もこの手の薬にはブレンドされていることがあり、痛みを総合的に緩和するアプローチが行われています。
また、耳鳴りの改善には、利尿作用や鎮静作用が期待出来る薬剤も使用されているのです。
一つの薬剤で様々な効果が得られる点が、こういった薬剤の利点と言えます。
医療機関で処方される西洋薬の場合には、様々な副作用が生じることがあります。
その点漢方薬は、副作用の心配も少なく幅広い年代で使用出来る薬剤なのです。
緊張型頭痛と耳鳴りは元からの体質が関わっていることも多く、体質改善も期待出来る漢方薬は正に適した薬剤となっているわけです。
それぞれの個人が持つ証と呼ばれる状態を把握することが、このような薬剤を使用するに当たっては必要となります。

スポンサーリンク