難聴 遺伝 確率

難聴の遺伝による確率について

スポンサーリンク

難聴は耳が聞こえにくくなる症状の一つで、突発性のようにいきなり耳が聞こえにくくなるようなケースもあります。
そんな難聴ですが、実は遺伝も関係していると言われています。
ここでは遺伝の確率などについてお話しましょう。

 

 

【難聴は遺伝するのか】

 

確率云々の話ではなく、そもそも難聴は遺伝してしまうのかという疑問を感じた方もおられるでしょう。
すべてがそうとは言いませんが、実際にそのようなケースも少なくありません。
先天性の場合は特にこのようなケースが多いと言われていますし、両親や親族に同じような症状を持っている方が多いのです。

 

 

【詳しいことは分からない】

 

目まいや難聴、耳鳴りなどは現代の医学でもよく分からない部分が多いと言われています。
そのため、遺伝や確率などに関しても因果関係がよくわかっていませんし、正直分からないことだらけと言っても良いくらいです。
今後医学が進歩すればこれらのこともよくわかってくるのかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

 

【確率について】

 

遺伝性難聴の確率ですが、だいたい1000の出生に対して1の割合と言われておりそのうちの約半数が遺伝性だと言われています。
これを多いと見るか少ないと見るかは人によって異なるでしょうが、比較的多いと言って差し支えないでしょう。
また、難聴遺伝の確率は持っている難聴の遺伝子によっても変わってくると言われています。

 

 

【医療機関で相談する】

 

生まれてくる子供が自分と同じように耳が聞こえにくいのでは、と不安になってしまう方もおられるでしょうが、不安がっていても何の解決にもなりません。
解決できるかどうかは分かりませんが、悶々と悩み続けるよりは一度医療機関で相談してみると良いかもしれません。

 

 

 

耳が聞こえにくいという状態は日常生活にも大きな影響を及ぼしてしまいますから、親から子に移ってしまうのではと不安になってしまう方もいると思います。
確率など心配しても仕方のないことかもしれませんが、どうしても気になるなら専門機関で相談しましょう。

スポンサーリンク