低音難聴 治療 期間

低音難聴の特徴や治療期間

スポンサーリンク

近年増えている難聴の一つに低音難聴が挙げられます。
読んで字のごとく低音が聞こえにくくなる難聴の一種ですが、ここでは最近増加傾向にある低音難聴の特徴や治療期間などについてご紹介したいと思います。

 

 

【低音難聴の症状】

 

低音難聴の症状ですが、これは先ほども言ったように低音が聞き取りにくくなります。
低い音だけが急に聞き取りにくくなったり、低い音の耳鳴りが発生することもあるようです。
また、耳に何か詰まっているような違和感を感じたり、人によって症状はまちまちです。

 

 

【低音難聴の原因】

 

低音難聴になってしまう原因ですが、これは耳の中にある器官の一つ蝸牛に何らかの異常が発生してしまうことで起きると言われています。
20〜40代の女性に増えていると言われており、ストレスが大きな原因とも言われていますがはっきりしたことは分かっていません。
難聴や耳鳴りは現代医学においても未だ分かっていない部分が多いのです。

 

 

スポンサーリンク

 

【治療について】

 

できるだけ早期治療が望ましいですからなるべく早く病院で治療を受けることをおススメします。
急性の場合は特にすぐに病院で診察や治療を受ける必要がありますが、完治する割合は6〜7割程度だと言われています。
ただ、その一方で自然治癒する場合もあると言われているのも事実です。

 

 

【治療期間について】

 

本格的に治療を行う場合には薬物の投与が行われます。
ビタミン剤やステロイドホルモン、その他の薬物を投与する治療を進めていきますが、期間はまちまちです。
数週間ほどの投与期間になることが多いですが、完全に治療が終わる期間となるともっと長い期間になる可能性もありますし短くなることもあります。

 

 

 

低音難聴の特徴や完治までにかかる期間などについてお話しました。
先ほども言ったようにできるだけ早期の発見と早期の診察が求められますから、少しでも違和感を感じたら病院で診察を受けたほうが良いでしょう。
放置しておくと完全に聞こえなくなるかもしれません。

スポンサーリンク