難聴 8000ヘルツ 治療方法

8000ヘルツまで調べる難聴の原因や治療方法

スポンサーリンク

難聴とは耳が聞こえにくくなる症状のことを指します。
さまざまな難聴の症状がありますが、ここでは難聴になってしまう原因や症状、治療方法などについてご紹介しましょう。
ぜひ今後のために覚えておいてください。

 

 

【難聴の症状】

 

冒頭でも少しお伝えしましたが、難聴は耳が聞こえにくくなる症状のことを指します。
突然聞こえにくくなる突発性のものもあれば、次第に聞こえにくくなるようなこともあります。
特に突発性のものは原因が未だに分かっていませんし、自然と治ることもあればずっと治らないこともある非常に怖いものです。

 

 

【原因について】

 

原因も実にさまざまです。
耳かきなどによって直接鼓膜にダメージが加わると音が聞き取りにくいなりますし、大きな音を近くで聴き続けていると聞こえにくくなるなることもあります。
ライブなどのあとに耳が聞こえにくくなるのはまさにこの症状でしょう。
ほかにも耳の炎症や無理なダイエット、ストレスなどさまざまな原因が考えられます。

 

 

スポンサーリンク

 

【8000ヘルツまで検査】

 

難聴の検査では125ヘルツから8000ヘルツまでの周波数の聴こえ方を検査します。
8000ヘルツは相当高い周波数となりますが、検査ではここまでチェックされています。
検査では8000ヘルツまで調べますが、実際には平均聴力レベルと聴き取りの不自由度によって判断されます。

 

 

【治療方法について】

 

8000ヘルツまで検査される難聴ですが、治療方法は原因によってまちまちです。
突発性だと治療方法が確立されていないため安静にするしかありませんし、騒音性や老人性の治療方法は補聴器や人工内耳などが代表的です。
聴神経腫瘍の場合だと腫瘍を摘出する治療方法や放射線治療方法などが挙げられます。

 

 

 

8000ヘルツまで検査する難聴ですが、実際にはいろいろなタイプの症状が存在します。
症状のタイプや原因などによって治療の方法を変えることになります。
とりあえず気になった方はまず病院で8000ヘルツまでの聴力検査を受けましょう。

スポンサーリンク