中耳炎 耳鳴り 治らない

中耳炎と耳鳴りは、治らないと決めつけないで

スポンサーリンク

難聴には、以下の症状があります。
会話を聞き返すことが増える。
後ろからはなしかられたりすると、分かりにくいことがある。
テレビを見ていると周囲にうるさいと言われたりするという症状があります。
日常会話でおかしいと感じたら、耳鼻咽喉科等へ相談してください。
中耳炎等で鼓膜に穴があいたり、耳小骨の動きが悪くなったり、音を内耳に伝える外耳及び中耳の部分に障害が生じるために起こるのが、伝音性難聴です。
中耳からの音の振動を電気信号に変換する内耳、その信号を脳の中枢に伝える聴神経または、脳に生じた障害のために起こるのが感音性難聴です。
加齢による難聴も感音性難聴の一種です。
伝音性難聴と感音性難聴の両方の障害をもつのが、混合性難聴です。
耳鼻咽喉科で、補聴器の装用を勧められたら、できるだけ両耳装用をおすすめします。
補聴器には、軽度難聴から高度・重度難聴に対応した種類のもの、最近では防水型や目立たない種類のものがあります。

スポンサーリンク

耳鳴りは、耳を酷使したり、ストレスがたまったりすることで、耳の中でセミが鳴いているように聞こえる症状です。
人によって、違った音がしている場合もあります。
早めに治療すれば、治る可能性もありますが、耳鳴りだと気付くのが遅れると手遅れになり、生涯治らない人もいます。
最近では、ずっと音を発生させて、耳鳴りが気にならないようにする補聴器にようなものもあります。
中には、人口内耳を取り付けることにより、症状が軽減する人もいるようです。
人によっては、生涯付き合って行かないといけないと、割りきってしまう人もいます。
でも耳鳴りは、難聴の原因にもなりますので、できるだけストレスをためないよう、趣味等でストレスを発散することも大切です。
周囲に、相談できる人がいれば、一番良いでしょう。
周囲に相談できる人がいない場合は、耳鼻咽喉科や心療内科等の受診をおすすめします。
何より、健康で過ごし、ぴんぴんコロリが、一番良いですね。

スポンサーリンク