星状神経節ブロック注射 頻度

星状神経節ブロック注射の流れや頻度

スポンサーリンク

星状神経節ブロック注射は血管を拡張して血流を良くし痛みやしびれなどを改善するために行われる注射です。
ここでは星状神経節ブロック注射治療の流れや頻度などについてご紹介しますからぜひ参考にしてください。

 

 

【効果が期待できる症状】

 

星状神経節ブロック注射によってどのような症状に効果的なのか気になるところだと思います。
さまざまな効果が期待できますが、代表的なものだと肩や首などの痛みを改善することができ、手や腕の痛みを和らげることもできます。
首や肩の酷い痛みに悩まされている方だと一度試してみる価値はある治療です。

 

 

【実際の注射の流れ】

 

星状神経節ブロック注射を行うときには血圧をまず測定し、そのあとベッドで仰向けに寝ます。
注射は喉仏の横あたりに行いますが、非常に先端の細い針を使用するため痛みなどを感じることはないでしょう。
痛みがあるとしてもチクっとするくらいです。
だいたい30秒程度ほどで注射は終わります。

 

 

スポンサーリンク

 

【注射したあと】

 

星状神経節ブロック注射自体は約30秒ほどで終わりますが、注射が終わったからといってすぐに帰宅することはできません。
30分ほど休憩し、ドクターと一緒に効果を確認しなくてはならないのです。
そこで効果を確認できたら帰宅することができます。
注射をしてもらうときは後の予定などを入れないようにしておきましょう。

 

 

【頻度について】

 

星状神経節ブロック注射をどの程度の頻度で行えば良いのかということですが、頻度は特に決まりがあるわけではありません。
一週間に一度くらいの頻度が目安となっていますが、特に制限があるわけでもないため自由です。
頻度については医師とも相談して、どのくらいの頻度で注射をするべきか決めておくと良いでしょう。

 

 

 

星状神経節ブロック注射治療におけるだいたいの流れや頻度などについてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。
肩や首、腕などの痛みを和らげるのに効果が期待できますから気になる方は試してみましょう。

スポンサーリンク