ラシックス 副作用 難聴

ラシックスの副作用で難聴になるのは事実か

スポンサーリンク

ラシックスと呼ばれる医薬品をご存じでしょうか。
ラシックスは利尿薬の一種で、強力な利尿作用を引き起こす薬として知られています。
ここではラシックスの効果や難聴などの副作用についてお話したいと思います。

 

 

【ラシックスの効果】

 

強力な利尿作用を発揮することが大きな特徴で、服用すると短時間に何度もトイレに行きたくなります。
いったいどうしてこのような薬が存在するのかということですが、浮腫みの解消や血圧を下げるための薬として重宝されています。
通常は高血圧症やむくみ改善、心不全治療などにこの薬が用いられています。

 

 

【ダイエットに使う人も】

 

あまりおススメできる使い方とは言えませんが、ダイエットとして使っている方も少なくありません。
体内の水分を尿として排出することができますし、手軽にダイエットできると愛用している方はいます。
しかし、基本的には先ほどお話したような症状の改善に使う薬ですからこのような使い方は賛成できません。

 

 

スポンサーリンク

 

【ラシックスの副作用】

 

どのような薬にも副作用は存在します。
では、この薬にどのような副作用があるかというと、口の渇きや倦怠感が一つに挙げられます。
また、脱力感や目まい、吐き気、嘔吐、食欲不振などになってしまう方も多いと言われています。
ただ、副作用の出方は個人差が大きいですからまったく発症しない方もいます。

 

 

【難聴になる可能性】

 

ラシックスの重大な副作用の一つに難聴が挙げられます。
常に耳鳴りがするような感じになってしまったり、耳に何か詰まっているような違和感を感じます。
難聴の症状が出るのも稀だと言われていますが、難聴になってしまう可能性もあります。
一度服用して難聴のような症状が出る場合には服用を考え直す必要もあります。

 

 

 

ラシックスの効果や副作用についてお話してきましたがいかがだったでしょうか。
難聴のような重大な症状が発症する方もいますが、実際には個人差が大きいため何とも言えません。
服用の際には医師にも相談したほうが良いでしょう。

スポンサーリンク