拍動性耳鳴り 中耳炎 対処方法

拍動性耳鳴りや中耳炎の対処方法

スポンサーリンク

【耳鳴りが急に聞こえだしていませんか】
何の前触れもなく、突然キーンと聞こえ始めてうっとおしい耳鳴りですが、耳鳴りが続いてしまうとストレスになりますよね。
耳鳴りの原因としては、拍動性耳鳴りだったり、中耳炎が影響していることもあります。
適切な対処方法を取って耳鳴り解消をしていきましょう。

 

 

【拍動性耳鳴りの原因と対処方法】
脳に隣接している、耳の最も奥の内耳で起きる耳鳴りが、拍動性耳鳴りです。
内耳とはカタツムリのような、ぐるぐる巻きの構造をしている耳の中枢組織です。
ストレスによって内耳で異常が起こったり、貧血状態や高血圧による脳の血管の圧迫、脳動脈瘤などの異常が原因となり、血液が流れるような拍動性耳鳴りが発生します。
拍動性耳鳴りの対処方法としては、内耳や脳の腫瘍といったものであれば、専門医による早期治療が必要になります。
高血圧や貧血が原因のときの対処方法としては、食事での塩分の摂り過ぎを避けたり、薬によって血圧を下げるといったことが必要です。

 

スポンサーリンク

 

【中耳炎による耳鳴りと対処方法】
中耳炎は耳の内部の中耳に細菌が入って、化膿したことによって発生します。
多くの場合は風邪をひいたりして鼻水が耳管に入って中耳炎になったり、プール通いをしている人が鼻からを水飲み込んでしまったときに、耳管に水が入って中耳炎にかかるといったケースがあります。
軽度のときには中耳炎になっていることに気づかないのですが、耳鳴りが異常を知らせていることも考えられます。
対処方法としては耳の内部の消毒をおこなって、細菌感染を治すことが先決です。

 

 

【耳鳴りを起こさないためにできること】
拍動性耳鳴りや中耳炎による耳鳴りでは、医師による適切な対処方法が大切なことです。
それ以外にも、普段から耳鳴りを起こさないような生活習慣を身につけることも大切でしょう。
食事では、塩辛いものに栄養が偏らないようにしたり、鼻炎になったら鼻うがいをするなどで、早期に改善するといったことです。
また、拍動性耳鳴りはストレスが影響しているので、ストレスの原因も取り除きたいですね。

 

 

スポンサーリンク