髄膜炎 難聴 治療方法

髄膜炎による難聴の治療方法は?

スポンサーリンク

【耳鳴りの原因】
耳鳴りは年を重ねると多い症状ですが、若い方の耳鳴りが増えています。
通常音を認識する時は、耳の中の外耳で音の空気の振動が鼓膜に刺激を与えて、中耳にある耳小骨が振動をして増幅され、内耳にある蝸牛で振動が電気信号になり聴神経に伝わり脳が認識をします。
そして若い方の耳鳴りのほとんどが、ストレスや寝不足などの生活習慣や、気圧の変化などの環境が原因で起こるもので、脳が錯覚を起こし、耳鳴りを感じます。
また年配の方で起こる耳鳴りは、老人性難聴の可能性が高く、早い方は40代で発症することがあります。
この難聴は、加齢のため内耳の蝸牛が老化して、耳鳴りや難聴の症状が起こります。
この蝸牛の老化は再生することが出来ないため、補聴器を付けることになります。
そして補聴器を付けることで、蝸牛が正しい振動を認識することが出来るため耳鳴りが軽減します。

 

 

【耳鳴りの治療方法】
耳鳴りの治療方法は、聴覚器官などに異常がない場合、ストレスの解消や規則正しい生活をすることで自律神経を整えることで解消する方法があります。
また環境が原因の場合、一時的に耳鳴りを起こす程度なら経過観察になることがあります。
しかし耳鳴りを意識しすぎて、ストレスになり耳鳴りが治らない方もいます。
この場合は、治療方法として音響療法を使うと効果があります。
常に小さい雑音を聞くことで、耳鳴りを意識しにくくなります。
また耳鳴りに効果のある成分があり、漢方薬やサプリメントで改善する方法があります。
しかし改善しない場合は、医師から処方される医薬品やカウンセリング療法という治療方法があり、医師の指導により耳鳴りを感じにくくする治療方法があります。

 

スポンサーリンク

 

【髄膜炎による耳鳴り】
髄膜炎は、脊髄と脳髄を覆う膜である髄膜に炎症と腫れが起きる病気で、ほとんどがウイルスや細菌の感染で起きます。
髄膜炎の自覚症状は頭痛や発熱、嘔吐、まぶしさなどがあり、進行すると意識障害やけいれんなど起こります。
他にも自覚症状として、耳鳴りや難聴が起きることもあります。
これは髄膜炎の原因であるウイルスが内耳に感染して起こる髄膜性内耳炎と言われます。
治療方法は、髄膜炎を治療するためにウイルスや細菌に対しての抗菌療法を行います。
しかし内耳炎で起きた耳鳴りや難聴は、炎症が治まっても回復することは少ないです。
そのため髄膜炎の治療を早期に行うことで、症状の進行を抑える必要があります。

 

 

【耳鳴りは早期治療が重要】
耳鳴りの症状のなかでも、ストレスなどの一時的な耳鳴りから髄膜炎や突発性難聴のような難聴の初期症状で起きる耳鳴りまで様々です。
そして難聴を伴う耳鳴りは、内耳や聴神経、脳に異常があることが多く、後遺症が残り回復しないことがあります。
自分で異常な耳鳴りを判断することは難しいため、耳鳴りを感じたら早めに診療を受け、適切な治療方法を行う必要があります。

 

 

スポンサーリンク