血管性耳鳴り 治療方法

血管性耳鳴りの原因や治療方法

スポンサーリンク

【血管性耳鳴りとは】
血管性耳鳴りとは耳鳴りの一種です。
耳鳴りはストレスなどの心因性のものや、聴覚異常がありますが、血管性耳鳴りは違います。
内耳など耳の周辺の血管や血流、または脳内の血管や血流に問題がある場合に起こるのです。
そのため、普通の耳鳴りと違って耳鳴り音が検査をすれば器具で聞くことが出来ます。
この原因によって治療方法も変わってきます。

 

 

【具体的な症状は?】
血管性耳鳴りは普通の耳鳴りと違うので、聞こえてくる音も違い、「ザーッ」といった流れるような音や、「トックントックン」といった鼓動を打つような音が聞こえてきます。
また、耳鳴り以外にも、吐き気や頭痛やめまいといった症状を伴う場合があります。
こういった症状を伴う場合は深刻であるといえます。
脳梗塞や脳腫瘍といった緊急を要するケースもあるからです。
また甲状腺の代謝に異常をきたしている場合には、甲状腺機能亢進症や高血圧症などの疑いもあります。
ただの耳鳴りと放って置かずに、早めに病院で診療を受けて原因に沿った治療方法を受ける事が重要です。

 

スポンサーリンク

 

【血管性耳鳴りの原因】
上記に記したように血管性耳鳴りは血管や血流の異常により起こるものです。
血液が流れにくくなる背景には動脈瘤や動脈硬化があります。
これらが原因となり血流が細くなり圧力がかかって耳鳴りとなっているのです。

 

 

【血管性耳鳴りの治療方法】
血管性耳鳴りの治療方法は、まず原因を突き止めることから始まります。
その原因によって治療方法が違ってくるからです。
心因性からくる耳鳴りであれば治療方法は、まずはそのストレスなどを取り除くことから始まります。
しかし脳の血管が原因となれば治療方法は変わわり、まずはMRIやCTなどから検査を行って原因を突き止めます。
そこから原因によって薬物治療や外科手術といった治療になります。
血圧や甲状腺などが原因の場合も同様、原因を突き止めて薬物治療や外科手術を行います。
緊急でない場合は様子を見ることになりますが、いずれにしろ普段からの食生活や生活習慣を見直していくことが大切です。

 

 

スポンサーリンク