血管性耳鳴り 病院 何科 受診

血管性耳鳴りは病院の何科を受診する?

スポンサーリンク

血管性耳鳴りになった際に、病院の何科で受診すれば良いのかと迷うかもしれません。
ここでは、血管性耳鳴りになった方に向けて、その原因や何科に行くべきかを紹介します。

 

 

【血管性耳鳴りとは】
血管性耳鳴りとは、耳の近くにある血管や、脳の血管に生じた異常が原因で発症する耳鳴りです。
心臓の鼓動と同じリズムで聞こえるという特徴があり、近くにいる他人にも聞こえる時があります。
血管がドクン、ドクンと脈を打っている耳鳴りには、種類があり、血管性耳鳴りはその中の一つです。

 

 

【血管性耳鳴りの原因】
原因は耳の傍の血管です。
内耳の障害による物で、内耳動脈などが動脈硬化などで血管が細くなり、何らかの原因で血管が蛇行したりして、血液が流れにくくなっているのが原因です。
めまいや吐き気などの症状がある時は、脳内出血や脳梗塞等もあります。
耳の周辺の血流が悪くなった場合は、身体を温めて血行を促進しましょう。
音は外耳道から入って鼓膜、中耳、内耳の順に伝わり、脳の聴覚中枢で音として感じます。
耳鳴りは、この音が伝わる経路で異常があり、難聴を伴う場合が多く脳の血管の疾患が原因で起こっている場合があるので、早めに検査します。

 

スポンサーリンク

 

【病院は何科?】
血管性耳鳴りは何科に行けば良いのでしょう。
何科かというと、基本は総合病院の耳鼻科で受診し、検査によって発見し治療します。
腫瘍などの病気が原因で耳鳴りが生じている場合は早期の治療を必要とするので、まず病院の耳鼻科を受診しMRIや血管造影などで診断します。
また、病院の耳鼻咽喉科を受診して、耳鼻咽喉科が無い場合には内科へいきす。
耳鳴り、めまい、難聴があまりたいしたことなく耳鳴以外に激しい頭痛がある、手足がしびれる、失神する、うまく言葉が出ない、とっさの判断ができない時は、何科へ行けば良いのでしょうか。
その場合は、脳神経外科神経外科や内科などの受診を勧められるはず。
ビタミン薬や血流や代謝を改善させる薬を処方されることもあります。
また、病院の精神科を受診しストレスを解消の治療をします。
病院で受診した後整体などを受診してもよいです。

 

 

【血管性の耳鳴りを日常生活で治す方法】
まずは、血液の循環が悪くならないようにします。
食生活の見直しも必要です。
冷たい飲み物や脂っこい食事を控え、必要な栄養素を摂ります。
肉や脂肪の多い食事は、コレステロールが血管壁内に蓄積され、動脈硬化になりやすくなります。
また、生活習慣に気をつけることで耳鳴りが改善することもありますし、人によっては自然に治ることもあります。
ストレスも耳鳴りの原因となりますのでリラックスすることも大切です。
血管性の耳鳴りの予防は、ストレスの解消と生活習慣を整え適度な運動をする事です。

 

 

耳鳴りで何科に行けば良いのか迷っていた方は、まず耳鼻科、耳鼻咽喉科に行き、頭痛や手足のしびれなどもあった場合は脳神経外科などに行くようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク