滲出性中耳炎 難聴 治る

滲出性中耳炎・難聴は治るもの?

スポンサーリンク

【自覚がなくてもなっている】
滲出性中耳炎は、痛みがない場合もあり、本人の自覚がない場合もあります。
急性中耳炎で激痛が有ったりして、急性中耳炎が治癒した後になって、滲出性中耳炎になる場合もあります。
滲出性中耳炎は、良く、耳に水が溜まっている状態、と言いますが、水はお風呂屋プールで外から耳に入ったものでなく、体の中から湧いてきた水分なのです。

 

 

【知らない内にすすんでしまう】
ひどい鼻炎になったり、風邪をひいてしまったり、等、鼻水に悩まされたのちに、滲出性中耳炎になる事があります。
鼻水が中耳の方へ行ってしまったから発症するのだとも言われています。
滲出性中耳炎の場合、殆んど難聴を伴います。
軽い難聴から、本当に聞こえずらい難聴まで難聴の程度は人によって様々です。
調子のよい時には聞こえて、悪くなると、ああ、今日は聴こえない、と言うほどの難聴になる時もあります。
あなた、聴こえてないわよ、と家族の方から難聴を指摘され、通院した結果、滲出性中耳炎であるという事も良くあります。

 

スポンサーリンク

 

【がんばった結果か、自然にそうなったのか】
幼児期など、難聴が続けば、言語の発達に支障をもたらすとも言われています。
難聴の程度を、一度調べておく必要があります。
軽い難聴でありましたら、言語の発達には問題は有りません。
滲出性中耳炎の治る方法は、クリニックの方針によって様々です。
治療方法として、毎回鼻から耳への通気を行う場合もあります。
治る方法の中で面倒なのが、この通気です。
クリニックによりますが、毎日通気に通ってください、と言われることもあります。
治療方法も大切ですが、それぞれの生活もありますので、できる範囲で構わないとも言われています。
ネブライザーを使って治る方法もあります。

 

 

【それからの対応】
治る方法として、鼻水を抑える薬が処方されることもあります。
鼻水をサラサラにして、鼻を出しやすくする薬の場合もあります。
薬を飲んで治るのは、最も簡単に治る場合です。
滲出性中耳炎の場合、長い間通院しても、中々治らない、ということが良くあります。

 

治るまで時間がかかる場合もありますが、鼻水が出る時には、早めに鼻の薬を飲む、と言う方法で、滲出性中耳炎になりにくくするのも良い方法です。
知らない内に治ることも良くあります。

 

 

スポンサーリンク