低音障害型感音難聴 治らない

低音障害型感音難聴は本当に治らないのか

スポンサーリンク

低音障害型感音難聴という難聴をご存じでしょうか。
女性を中心に低音障害型感音難聴の方が増えていると言われていますが、巷ではこの難聴は治らないとも言われています。
では、本当にこの難聴は治らないのでしょうか。

 

 

【低音障害型感音難聴について】

 

低音障害型感音難聴は唐突に発症する難聴の一つです。
主に20〜40代の女性に発症することが多い難聴と言われていますし、ある日突然難聴になってしまいます。
主な症状は低音が聞こえなくなるというもので、今まで当たり前のように聞こえていた低音がある日突然聞こえにくくなります。

 

 

【蝸牛に起きる異常が原因】

 

低音障害型感音難聴は内耳にある蝸牛に異常が発生することによって生じる難聴です。
では、どうして蝸牛に異常が起きるのかということですが、実は詳しいことはわかっていません。
ストレスが原因ではないかとも言われていますが真相は不明です。
低音が聴こえにくいだけでなく全体的にくぐもった感じに聞こえます。

 

スポンサーリンク

 

【本当に治らないのか】

 

低音障害型感音難聴は治らないという話も耳にしますが、果たして本当に治らないのでしょうか。
この難聴は早期に耳鼻咽喉科を受診して治療を受けることで改善させることが可能です。
治らないということはありませんから諦めずに耳鼻咽喉科を受診しましょう。
ただ、早期に治療を行うということが大切なポイントです。

 

 

【予防について】

 

低音障害型感音難聴が治らないということはありませんが、早期治療でないと治らない可能性もあります。
予防方法ですが、毎日しっかりと睡眠をとってバランスの良い食事を心がけることです。
また、なるべくストレスを溜め込まず適度な運動なども行うようにしましょう。
異常を感じたらすぐに病院で診察を受けることです。

 

 

低い音が聞き取りにくい、くぐもって聴こえるとなると仕事でも集中できません。
先ほども言ったようにこの難聴は早期治療が改善できるポイントですから、少しでも異常を感じたらすぐにでも病院で診察を受けてください。

スポンサーリンク