ヘッドフォン 難聴 治る 治療方法

ヘッドフォン難聴は治る?治療方法を紹介

スポンサーリンク

【ヘッドフォン難聴とは】
「最近耳鳴りがする」「人の声が聞き取りづらい」「ヘッドフォンを愛用する」この3つの条件が当てはまるのなら『ヘッドフォン難聴』を疑った方がいいかもしれません。
これは、ヘッドフォンやイヤフォンで大音量かつ長時間聴き続けることで耳の中の蝸牛と呼ばれる器官の細胞がダメージを受けていることで発生する治りづらい難聴で、若者を中心に年々増加傾向にあります。
軽度だと自覚症状がほとんど無いために潜在的には莫大な数にのぼると予想されます。
近い未来に、現代病と呼ばれる時が来るかもしれません。

 

 

症状が進行すると耳鳴りだけでなく、聴力低下や目眩などを引き起こすとされていますが、二次的な問題として、話しかけても聞こえなかったり、話を何度も聞き返すといったマナーやコミュニケーション上の問題や、周りの状況を音で察知する能力の欠如が問題となります。
将来的に難聴の治療方法が確立されることはあっても、人間関係の治療方法が確立することはおそらく無いでしょう。

 

 

【治療方法がなく、治る可能性が低い?】
今のところ、この難聴は治るための確実な治療方法はないとされています。
治る可能性が低いなら、病状をこれ以上進行させないためにヘッドフォンを使用するのを止めればよいのですが、アパートでスピーカーで大きな音を出せないといった理由や、音楽関係の職業上理由で使用を控えることができない場合はそれに応じた対策を取らなければなりません。

 

 

治療方法が確立されておらず、治る可能性の低いヘッドフォン難聴ですが、その原因は『「耳の近く」で「大きな音」を「長時間」聞く』という3つの要素で成り立つ難聴です。
「耳の近く」という要素に対してはヘッドフォンである以上離すことはできませんし、「長時間」という要素では聞く時間を短くするようにするしかありません。
そこで「大きな音を」の要素に対策を絞るのが効率的です。

 

スポンサーリンク

 

【予防方法が治療方法】
要するにボリュームを下げられるように、外からのノイズを減らしてしまえば良いのです。
その理由からいえば開放型のよりも密閉型のヘッドフォンの方がボリュームを下げることができます。
さらに、周囲の騒音を電気的に消してしまうノイズキャンセリング機能がついたものであれば完璧でしょう。

 

 

ほかには、完璧な治療方法とは言えませんが、耳周りのや肩のマッサージをすることで血行を良くしたり、神経の傷が治るとされるビタミンB群のサプリメントを飲むことで治る可能性があります。
そういった身体や耳に優しい環境と習慣を身につけることで仮に治ることはなくても、少なくとも進行を止めることはできるはずです。

 

 

スポンサーリンク