イヤホン 難聴 治る 可能性

耳鳴りのメカニズムとイヤホン難聴の治る可能性

スポンサーリンク

【そもそも耳鳴りとは?】
突然、耳の奥から「キーン」という高周波の音が聞こえてきて、気になって集中できなかったり、眠れなかったりすることがあります。
かと思えばいつの間にか治ることもあり、普段の状態に戻ったりする現象。
これが「耳鳴り」です。
人によっては「ゴー」「ブーン」と言った低音性耳鳴りが聞こえることもあります。
原因は、大きな病気の前兆、突発性難聴、中耳炎の可能性、風邪をひいた時にも耳鳴りは起こりやすくなります。
もうひとつ耳鳴りの身近な原因が、音響性外傷というものです。
大きな音を継続的に聞くことによって耳の奥の細胞が傷つくことによる難聴です。
よく言われる「イヤホン難聴」「ヘッドホン難聴」が、この音響性外傷にあたります。

 

 

【音響性外傷耳鳴りのメカニズム】
音は私達が「耳」と呼んでいるラッパのような「耳介」で収集され、そこから耳穴である「外耳道」を通って「鼓膜」を震わせ、その振動をカタツムリににている形から名付けられた「蝸牛」に届き、そこから電気信号へと変換されて脳の「視床」と呼ばれると場所へと伝達されて、初めて「音」として認識できるのです。

 

 

イヤホンで大きな音を長時間聴くことによって蝸牛の細胞が傷つき、正しい音の情報を視床へ送ることができなくなります。
正しい情報を受け取れなくなった視床は、その不足部分を作りだすことで対応します。
その音が「キーン」という耳鳴りになるという可能性がもっとも有力です。
つまり、耳鳴りとは脳が作り出した幻聴であるという可能性が高いということです。
といってもただの幻ではなく、危険を知らせるシグナルだということです。

 

スポンサーリンク

 

【イヤホン難聴、治る可能性はどれくらい?】
病気などの難聴ならば、薬で治ることもあるそうです。
しかし、イヤホン難聴のような音響性外傷の場合はこれといった治療法が確立されておらず、治る可能性が少ないのが現状です。
治るかどうかはわからないものの、予防的な対策ならば方法はたくさんあります。
一番重要なのは「大きな音で聞かないこと」つまりボリュームを絞るということです。
しかし、それでは音を楽しむことができなくなってしまうので、逆に外音を聞こえないようにしてしまうのです。
そのためにカナル型イヤホンやノイズキャンセリング機能のついたイヤホンを使うことをおすすめします。
相対的に周りのノイズが聞こえなくなるため、小さなボリュームで音を楽しめることになります。

 

 

そして、あまりイヤホンで長時間聞き続けないということです。
普段あまり意識しませんが、耳も疲れるのです。
たまには耳栓などして、「積極的に音を聞かない」ことで耳を休ませてやるのも良いでしょう。
ダメージさえ与えなければ、人間の自然治癒力で治る可能性もあるのではないでしょうか。
イヤホン難聴の治る可能性は低いですが、予防すればそもそも症状を引き起こすこともありませんから、きちんと予防しておきましょう。

 

 

スポンサーリンク