拍動性耳鳴り ストレス

ストレスは関係ある?一般の耳鳴り音と違う拍動性耳鳴りの症状

スポンサーリンク

【拍動性耳鳴りの症状と音の違い】
耳の奥がキーンと響く、誰しも経験があるはずです。
疲労感を感じている時や急に襲ってきたりとそれぞれ個人による違いや理由があって耳鳴りは起こります。
そんな経験のある耳鳴りの音と拍動性耳鳴りの音は違い、ドクッドクッと脈を打つような音や血管を通り抜けるようなサーサーといった音が耳の傍で一定感、聴こえるのが拍動性耳鳴りの特徴です。

 

 

拍動性耳鳴りが起こる場合、脳や耳の傍の血管に異常がみられる事が多く、血流の流れの滞りや身体にストレスを掛ける姿勢や負荷を負う事でも起こります。
ストレスや睡眠不足や疲労を溜め込み過ぎないように気をつけ副交感神経と交感神経をバランスよく保つ事が大切になってくるでしょう。

 

 

主に身体的、精神的にストレス負荷を与える事が引き金で、歪みやリンパの流れが悪くなり拍動性耳鳴りが発生するのが原因です。
しかし、動脈硬化や脳に腫瘍ができていたり、更年期障害等の重篤症状からなる拍動性耳鳴りかもしれませんので、耳鼻科等ではなく専門や脳を扱う機関で検査を受ける事が必要といえるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

【症状の改善方法】
拍動性耳鳴りが重篤症状が原因の場合、迅速に医療機関での治療が必要になりますが、血流やリンパの流れを促すだけで改善がみられる事が多いのも特徴です。
その改善方法は耳の周りのマッサージやツボ押し、ストレスを掛ける姿勢を矯正したり、整体、ストレッチ、ヨガ等で身体の歪みを解す事が上げられるでしょう。

 

 

睡眠不足やストレス、疲労を溜めずに、健康な身体を保ち、リラックスできるものや行動を行う事も大切です。
アロマを取り入れたり、ハーブティーを飲んだり自らが落ち着ける方法でストレスを解消し、拍動性耳鳴りを引き起こしにくい身体作りをしましょう。

 

 

また、血管を収縮させるカフェインやタバコを控える事も大切で、貧血を補う為に鉄分強化や血流が悪くなる冷えにも注意が必要となります。
そういった血管のストレス負担にならない生活を心掛ける事で改善する方向に向かいやすくなるでしょう。

 

是非、拍動性耳鳴りで悩まれている方は、一度改善方法をお試し下さい。

 

 

スポンサーリンク