耳鳴り キーン 治った

キーンという耳鳴りが治ったと感じるようにする方法

スポンサーリンク

耳鳴りの原因は医学的には不明との解釈がありますが、実際にはいろいろな身体や精神の状態によって引き起こされるものです。
たとえば、うつ病を患っていて精神的に不安定になっている方はキーンという耳鳴りが起きやすいです。
なぜキーンという音がするかについては、症状を訴える約70%程度の人に共通することが脳が興奮状態にあるということです。
実は、耳鳴りを訴えない人も実は耳鳴りはしているのですがそれを認識していないため、自覚症状がありません。
そのような人も、音が反射しない、無音状態の部屋に入れば小さな耳鳴りが聞こえるようになります。
周囲に音が無い、もしくは少ないと脳が耳が聞こえやすくなるように脳が活性化し、上記の脳が興奮する状態になります。
この状態では脳内物質の伝達により脳内で様々な情報が飛び交うようになり、キーンという音が聞こえるようになる、と言われています。
つまり、キーンという音が聞こえない、もしくは治ったと感じるようになるには周囲の音を増やすことが重要となります。

スポンサーリンク

では、具体的にはどのように周囲の音を増やせばよいのかという点について考えてみると、・補聴器を使う・テレビを見る、ラジオを聴く・音楽を聴くが挙げられます。
補聴器を使って症状が治ったと感じる人は、音の原因が耳の聴力が低下している人です。
聴力が低下すると音が少ない状態となるため、前述したとおり甲高い音が聞こえやすくなるため、補聴器で音を増やししてあげることで治ったと自覚するようになります。
では、聴力が正常な人が治ったと感じるようになるには、日常的にできることとしてテレビを見る、ラジオを聴く、音楽を聴くことです。
これらのことは日常生活でも普通に行っていることであり、それほど意識しなくても継続できます。
ですが、夜寝るときにはテレビを見ると光による刺激で不眠となってしまう可能性があるため注意が必要です。
この時におすすめなのが音楽を聴くということです。
特に大きな音は必要ありません。
不快な耳の音が消える程度の音量でリラックスできる音楽を流しておくことで脳の興奮状態が収まり、寝付きも良くなります。
以上のように、日常でできるだけ音を増やすことでキーンという音が治ったと感じることができます。

スポンサーリンク