メニエール病 難聴 補聴器

メニエール病の難聴と補聴器のタイミング

スポンサーリンク

メニエール病という病気をご存じの方もおられるかもしれませんが、メニエール病は耳鳴りや難聴などが代表的な症状となります。
ここではメニエール病による難聴の特徴や補聴器を装着するタイミングなどについてお話します。

 

 

【メニエール病の基礎知識】

 

冒頭でもお話したようにこの病気はめまいや耳鳴り、難聴などが代表的な症状となります。
目まいの場合はその場で自分がぐるぐる回っているような錯覚に陥ってしまいますし、しかも唐突に症状が発生することがあります。
さらに、特定の音が聞こえなくなるような難聴の症状も出てしまいますし、日常生活に大きな影を落としてしまいます。

 

 

【原因について】

 

内耳と呼ばれる耳の奥にある機能に障害が発生することによってこの病気が引き起こされると言われています。
内耳には平衡感覚をコントロールする前庭や三半規管、蝸牛といった器官がありますが、これらの器官に異常が発生することによってメニエール病が発症します。

 

スポンサーリンク

 

【メニエール病の治療法】

 

難聴やめまいが頻繁に起きるとなると日常生活もままならなくなってしまいます。
治療法ですが、主にステロイド剤で炎症を抑えたり抗めまい薬を使用したりして治療します。
また、抗不安薬や漢方薬などを使った治療を行うこともありますし、吐き気を抑制する薬を服用することもあります。

 

 

【補聴器のタイミング】

 

難聴を改善するための補聴器を装着するタイミングですが、これは人によってまちまちです。
特にこれといって決まったタイミングはありませんから、自分のタイミングで補聴器を装着しましょう。
補聴器を装着することで難聴も改善されます。
現在ではさまざまなタイプの補聴器が販売されていますし、パッと見で補聴器と分からないものもあります。

 

 

メニエール病の症状や原因、補聴器を装着するタイミングなどについてご紹介しました。
この病気をそのまま放置しておくと日常生活も不便になってしまいますから、できるだけ早期に治療や補聴器の装着を検討してください。

スポンサーリンク