難聴者用 インターホン

難聴者用のインターホンってどんなもの?

スポンサーリンク

【耳鳴りとは】
耳鳴りは誰しも経験したことがある症状ですよね。
そんな誰しも経験したことのある耳鳴りは難聴のサインである可能性が高いんです。
そもそも耳鳴りとは耳の奥で音を感じることを言います。
耳鳴りの原因はさまざまありますがもっとも多いのは生活習慣に原因があって内耳に異常が起こっているためです。
それ以外にも高血圧や脳腫瘍、糖尿病、動脈硬化など命に係わる原因で起こることもあります。

 

 

【耳鳴りの症状と対処方法】
耳鳴りが起こった場合、症状が耳鳴りだけであればなかなか病院へ行こうという方はいないと思います。
なぜなら耳鳴りの症状は「キーン」と耳の奥で音があって不快感はあるものの、すぐに治まることがほとんどだからです。
一次的な耳鳴りの対処方法は耳を抑えたり、鼻をつまんで空気抜きをすることで解消できますが、長く続く耳鳴りの場合は病院を受診しましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

【耳鳴りから難聴に】
耳鳴りは難聴の原因であることもあります。
難聴とは全く音が聞こえないのではなく、いろいろな音や会話が非常に聞き取りづらい状態をいいます。
たとえば家のインターホンがなっても、その音に気づかずに、宅配便などを逃してしまったりすることが出てきます。
いろいろな音に対して影響が出てきます。
そのため難聴者用のお助けグッズなどがいろいろ販売されています。
難聴者用のアイテムは非常に良く考えられて作られているので生活をうまくサポートしてくれます。

 

 

【難聴者用のインターホンがある】
難聴になってしまった場合、やはり困るのがインターホンの音が聞こえないことです。
大切な来訪を逃してしまっても、あとから電話して対応するのはかなり厄介で面倒な作業です。
そこで利用したいのが難聴者用のインターホンです。
難聴者用タイプは、普通のものと違って、音だけではなく光で来客を知らせてくれるんです。
ですから急な来訪でもバッチリ対応できます。
いろいろなメーカーから難聴者用のインターホンが販売されていますが、いずれも音+光によって来訪を知らせてくれるものです。
インターホンとセットになっているものから、今使っているインターホンにライトだけを後付けできるものまでタイプはさまざまです。

 

 

難聴者用のインターホンがあれば、難聴の方だけでなく耳が遠くなったお年寄りも来訪者をのがしません。
製品は家電量販店やネットなどで簡単に手に入れることができます。

 

 

スポンサーリンク