メニエール病 薬 ゼリー

ゼリータイプのメニエール病の治療薬

スポンサーリンク

メニエール病の治療薬とは基本的に錠剤タイプのものが主流となっており、お水と一緒に服用する流れとなっています。
主に耳鼻科で治療や薬が処方されることが多い病気となっていますが、中にはゼリータイプの薬が処方されるというケースもあります。
これはメニレットゼリーと呼ばれることが多くなっており、メニエール病の治療の際に耳鼻科で処方されることがあります。
服用回数については基本的に錠剤と共通しており、1日2回から3回前後使用することとなっています。
使用する時間帯についても同じであり、主に食後に服用するといった流れとなっています。
特徴としてお水なしでも使用出来ることであり、味については甘味と酸味があることがポイントとなります。
ただ薬ということで処方されているものであるため、苦味が強いという点には注意が必要となっています。

スポンサーリンク

 メニレットゼリーという治療薬はメニエール病患者に使用されることがあり、特徴として服用する場合にお水が必要ないことです。
そこで正しくかつ効率的に使っていくために、使用する場合における注意事項について説明をしていきます。
1つめの注意点として、メニエットゼリーを使用した場合においては若干利尿作用が促進されることがあります。
この治療薬の特徴として、錠剤のように服用するとその成分の多くが24時間以内に尿によって排出されてしまいます。
そのため服用した後のすぐの時間においては、若干尿意を感じやすくなってしまうことがあります。
そして2つめの使用する際の注意事項として、妊娠中の女性については服用は控えた方が良い傾向があります。
母体に対して影響を与える可能性があるため、使用する際には医師の承諾が必要となります。

スポンサーリンク