音響外傷 耳鳴り 完治

耳鳴りが完治しない音響外傷の対処法

スポンサーリンク

ライブハウスやフェスなどでアーティストと一体となれるロックコンサートは楽しさや感動を与えてくれるものです。
しかし気を付けたいのが、スピーカーの真ん前などの音の大きな場所になってしまった時です。
大きな音を聞き続け、コンサートが終わったあとや次の日以降に、音の聞こえ方がこもっていたり耳鳴りが続くような症状があれば、それは音響外傷かもしれません。
音響外傷とは耳が処理できる音の大きさの限度を超えた、強い音にさらされた結果、内耳の有毛細胞と呼ばれる部分が傷ついて、難聴などが生じてしまうことです。
耳鳴りや聴力低下などの自覚症状がでます。
軽度ならばそのような症状は自然と回復することもありますが、一度傷ついてしまった有毛細胞は完治しないのでまた同じようなことを繰り返していると慢性的な難聴になってしまう恐れもあります。

スポンサーリンク

コンサートによく行き、いつも大きな音を聞きなれているからといって安心してはいけません。
同じ音の条件でも疲労などの体調不良、ストレス過多、飲酒などによって音響外傷は誘発されてしまいます。
発症するか否かは、個人差やその時の体調によって大きく左右されますので、あらかじめ大きな音を聞くとわかっている場合は耳栓を用意していくと安心です。
せっかくコンサートに行くのに耳栓をするのは抵抗があるかもしれませんが、最近は音が不自然にならずに音圧を下げるような性能の良い耳栓が多数販売されています。
それに一度傷ついてしまった有毛細胞は完治しないのですから、大きな音を聞くことが予測できる場合は、予防しておくに越したことはありません。
もしコンサートなどの後、音のこもりや耳鳴りが続くようでしたら、すぐに耳鼻咽喉科を受診しましょう。
治療の開始が早いほど、治る率が高いと言われています。

スポンサーリンク