耳鳴り 音 変わる

耳鳴りの音は種類によって変わる

スポンサーリンク

耳鳴りの音の状況に応じて、病名が変わるといわれています。
たとえば、突然耳障りな甲高い何かの電気機器が脳内や耳元すぐ近くで稼動しているかのようなものが聞こえたら、突発性難聴の可能性があるのです。
そのため、突発性難聴の場合にはすぐに病院に言ってみてもらいましょう。
1週間以内に病院にかかることによって7割以上の人が完治しています。
また、過度のストレスによってなる場合には高いものから低いもの、あるいは両方が耳から聞こえてくることもあるので、注意が必要です。
その場合には2つないし3つが同時に聞こえてくるようにもなりますが、そればかりではなく耳の中にこもったような違和感を感じることもあります。
例えていえば水が耳の中に入ったかのような感じといえばわかりやすいでしょう。
病院で初めて受診するときにも、正直に耳鳴りについて伝えたほうがいいです。
現在どれくらい聞こえているかどうかも聴力検査によってわかりますので、確認してください。

スポンサーリンク

突発性難聴だけではなく低音の場合には、動脈瘤やバセドウ氏病の可能性が否定できません。
脈を打っているかのような病状の場合にはよりいっそうその可能性が高まります。
その際には総合病院の耳鼻科に相談してください。
綿密な検査の結果、手術の可能性もありますので確認して病状を正確に知ることです。
直、耳鳴りが両方の耳、あるいは片方の耳で聞こえている場合、慢性的な難聴である可能性も否定できません。
そのため、定期的に病院で検査を受けておくことも重要です。
早急に病院で検査を受けてもらうことで、結果として安心できる病状に変化させることも可能といわれています。
病状に応じてそれぞれの特徴がありますので、もし耳鳴りが聞こえたらどんな状況なのか、どれくらいの大きい音なのかを確認しておくことで、病状の進行具合、医療機関に伝えたことによって発生する対応が変わるのです。
そのため、事前に確認しておくためには一刻も早く病院へ出かけてください。

スポンサーリンク