音響外傷 治る 早期 治療

音響外傷は早期治療をすれば治る?

スポンサーリンク

ライブハウスや武道館などでコンサートに参加した場合において、一時的に聴力が低下することを音響外傷と呼ばれています。
症状が一時的に出ることが多い症状となりますが、中には完治しないで耳の病気に発展することもあります。
そのため早期発見や治療が推奨されている症状となっており、早めに耳鼻科を受診することで治る確率が高くなります。
ポイントとして自覚症状が出ないというケースがあり、聴力低下に気が付いた時には悪化してしまったということがあります。
そうなると治療に時間がかかってしまうので、なるべく早めに耳鼻科を受診することがポイントとなっています。
可能であれば、ライブハウスなどに行った数日以内に耳鼻科を受診して診察を受けることが望ましいです。
数日以内の診察であれば、音響外傷によって受けた影響などをすぐに調べることが出来ます。

スポンサーリンク

 大音量で音楽を聴いた時に発生することがある症状として音響外傷というものがありますが、早期治療をすることで治る確率も増加します。
一般的にライブなどによる影響が強くなっていますが、実は日常生活においても発生することがあります。
それはヘッドホンやイヤホンなどを付けて音楽を聴くという行為であり、これを長時間繰り返すことでも発症することがあります。
確かに発症率については、ライブハウスなどに比べると低くなっている特徴があります。
しかし逆に日常的に行ってしまうことが多い行為や動作となっており、誰にでも発症する危険性があることが注意点となります。
ヘッドホン難聴と呼ばれることもあり、長時間耳に負担をかけることは避けることが一番の対策となります。
なので音楽を聴く場合においても、出来るだけ長時間ヘッドホンを付けて音を聞かないようにすることが大切です。

スポンサーリンク